恋愛で女性に対しての間違ったアピールの仕方

アプローチの仕方

恋愛で女性に間違ったアピールの仕方をしている人がいます。

 

男は好きな人ができると、
いかに自分が凄い人間か、
偉い人間か、仕事をがんばっているかを、
アピールする人が多いです。

 

そんな自分の自慢できるところをアピールして、
女性の気を引こうとするわけです。

確かに自分の欠点をアピールするよりは、
前向きな言い方なのでよいでしょう。

でも、あまりにも強調しすぎると、
女心は引いてしまいます。

それは一体なぜでしょうか?

 

もちろん女性にも、
いろいろなタイプの人がいるので、
お金目当て、財産目当ての人もいるでしょう。

そんな女性には、
自分がどのくらいの資産をもっているかを、
アピールすればすぐに着いてきます。

 

でも、あなたは、
お金の話に着いて来る女性でよいのですか?

お金がなくなれば捨てられます。

見向きもされなくなります。

そんな薄っぺらな愛情でよければよいのですが、
やっぱり本気で愛されたいと思いませんか?

 

本気で愛してくれる女性は、
あなたの表面的なところは、
あまり重要ではありません。

年収、勤務先、肩書き、学歴、
乗っている車、腕につけている高級腕時計をアピールしても、
「へー。だから何?」というのが本音なのです。

 

では女性の本音は、
男のどこを見ていると思いますか?

それはあなたの人間性・人柄です。

性格や価値観、常識のある人か、
思いやりや気遣いができるか?
などです。

 

それは男の自慢話からは、
わかりません。

女心にとって男の自慢話は、
自慢話でしかないのです。

聞きたくないと思っています。

自慢話をした時点で拒否反応です。

 

恋愛対象外になります。

それよりも女性にどんな話をしたら喜んでくれるか?

楽しいと思ってくれるか?

を考えた話題で会話をすることです。

 

それがあなたの人間性を出すアピールの仕方なのです。

 

男には男のプライドがあって、
女性に自分の凄さをわかってほしい、
認めて欲しいという気持ちが前に出てしまいがちです。

でも女性心理では、
あなたのそういうことを聞きたいわけではないのです。

女心がどんな会話を望んでいるか?

 

どうすればその場の雰囲気を楽しくすることができるか?

それを考えることのできる人が、
女性心理での恋愛対象になる男なのです。

あなたは好きな人に間違ったアピールの仕方をしていませんか?

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ