女を幸せにする方法とは!?

脈ありサイン

女性と男性では喜ぶ要素が微妙に食い違っている。

 

よくある夫婦喧嘩では、
夫は「お前のために仕事でしっかり稼いでいるのに文句を言うな」と憤ります。

妻は「そんなことしてくれなんて頼んでいない、私は不幸だ」
なんて意見が分かれて離婚にまで繋がってしまう事も多々ある。

 

これは男女の心理の違いを理解していれば防げる事例です。

男性は量より質のサービスやプレゼントに対して幸福感を感じやすい。

 

彼女がいつも精神的に支えてくれることよりも、
たった一度体を許してくれることの方が嬉しいと感じる割合が多い。

 

逆に女性は質より量の贈り物に対して幸せを感じる。

たった一回の愛の告白やキスよりも、
毎日目を合わせて挨拶してくれたり、
他愛ないお喋りをしてくれる方が幸せを感じる。

ラブラブで長続きするカップルは、
彼氏がマメに彼女にメールや電話などの連絡を取り、
気遣っていることが多い。

 

毎日会話したり、
スカイプチャットなどでどうでもいい雑談をすることで、
女性の親和欲求(人と仲良くしたい心理)は満たされ、
お喋りしてストレスを解消したい 願望も満たされる。

 

女性を幸せにする方法の近道は、
どんな些細な気持ちや事柄でも、
言葉として相手に伝えることです。

女性は常に、
「本気で愛してくれているか」を確認したがります。

付き合っている時、
結婚後でもその気持ちは変わりません。

日常生活の中でささやかな快感を与えることが、
女性にモテる 女を幸せにする男になるコツです。

 

女性の幸福感は回数が重要

・小まめなプレゼントで喜ばせよう

 

女性の好意の気持ちはなかなか揺れ動きません。

特に恋愛感情がない男性に対してはちょっとやそっとじゃ、
彼氏候補として見てもらえない。

そんな時は友達や相談相手としての付き合いを継続して、
親密な関係へとステップアップする必要があります。

 

もし片思い中のターゲットがいるのなら、
小まめに関わる努力をすることで、
相手の興味関心をこちらに向け振り向かせることが可能となる。

kpこ
 

例えば、小まめにツイッターやメールなどで絡むようにする。

インターネットを使った方法ですが、
女性は基本的に構ってちゃんな性質を持っているので、
たった一言声を掛けるだけで思った以上に喜びます。

男からしてみても、
あまり可愛くない女性からでも話しかけられれば、
嬉しいでしょう。

 

女性もそれと同様、
余程嫌悪感を持っている相手以外からは、
話しかけられると嬉しいのです。

 

学校の同級生、職場の同僚などであれば、
視線を注いで目を合わせる回数を増やすだけでも、
好意の度合いはまったく違います。

まったく目が合わない異性は恋愛対象外ですが、
何度も目が合うと誰しもついつい意識してしまいます。

 

他にも朝会った時積極的に挨拶する、
寝る前にお疲れ、おやすみメールを送るなど、
些細な好意をプレゼントする方法はいくらでもあります。

 

女性はたった一回「好き、可愛い、愛してる」と言われるよりも、
何度もスキンシップを図ってくれる方が幸せを感じます。

大げさに言えば給料3ヶ月分の指輪よりも、
日々体を気遣った言葉をかけてくれたりする方が幸福感は大きいのです。

 

お金や経済力も大事ですが、
女性心理はそれだけでは満たされません。

独身でフリーの女性は将来的に幸せな家庭を築く事を夢見ている。

 

その妄想を実現させる可能性があるのは、
毎日自分へ愛情を注いでくれる最愛の男性の存在です。

もし好きな人、彼女がいるとして、
自分の力で幸せにしたいと思うのであれば、
1回のサプライズよりも100回の日常的な愛情を注ぐ事を目標にすると、
うまくいきやすいでしょう。

 

毎日交流するのが当たり前、
習慣という状態の関係にまで持ち込めれば、
男性側が浮気でもしない限りその固い絆はそうそう壊れません。

 

女性への感謝や愛情、
真心を忘れなければ誠実で紳士的なしぐさや態度、
振る舞いで 女を幸せにする男になれることでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ