女の子とキスできるかどうかの見極め方は、
とても微妙です。

 

見極めずにキスしようとすると、
場合によっては信頼を失います。

キスのタイミングは、
相手の女性次第です。

 

相手があなたのことを好意的に思ってくれていれば、
「いきなりキスしてもOK!」
とても嬉しいと思います。

でも、相手があなたのことを好意的に思っていなければ、
ビンタが飛んでくるかもしれません。

 

そうならないために、
今回は女の子とキスできるかどうかの見極め方をご紹介します。

 

キスは広い意味でスキンシップです。

体と体の触れ合いです。

それがOKかどうかを見極めるには、
軽いスキンシップで反応を見ましょう。

 

女の子と手をつなげるか?

 

体(肩、腕、手の平、腿など)に触れても、
拒否されないか?

はじめは、少しずつレベルアップしていきます。

肩を抱き寄せる、髪を撫でる、寄り添う、ハグするなど。

それがOKなら口以外のところに、
キスをしてみましょう!

 

l「k

頬っぺた、額、手の甲など。

それを女の子が拒否しなければ、
ほぼ口へのキスはOKでしょう。

 

この少しずつスキンシップを増やしていくという方法で、
キスできるかどうかを見極めてみてください。

他にも間接キスができるかどうかで、
見極めるという方法もあります。

 

女の子がコップで、
飲んだ飲み物をあなたに一口くれるか?

その逆でもOKです。

これがOKなら少し脈ありと判断できます。

 

ただ間接キスは、
異性と(間接キスを)しても、
特別な意識がない女の子もいます。

 

友達となら、
間接キスが平気でできるという女の子です。

なので、間接キスできたからといって、
口へのキスがOKと見極めるのは、
少し早いでしょう。

 

少なくともあなたのことが、
”嫌いでない”ことが見極められる程度に使ってみてください。

 

好きな人とのキスは早くしたいものです。

でも焦りは禁物。

 

男は急激に相手のことを好きになりますが、
女の子の好きになるペースはゆっくりです。

女心に合わせたキスの見極め方をすることが、
成功するキスへのコツです。

 

がんばってくださいね!