管理人の自己紹介、人生の経緯

はじめまして、マナブです。

僕のブログに
遊びにきてくれてありがとうございます。

ちょっとお茶目な関口宏を目指してます。

どういう意味かというと、
関口宏は博学で
これにお茶目が加われば、
かなりモテるのではないかと思ったからです。

それと、
僕の人生の経緯を説明したいと思います。

小学生時代のクラスは
教師、生徒の頭がおかしい、
低レベル集団に属していました。

中学生時代も
教師、生徒は
頭がおかしいに加え
ゴミクズの低レベル集団でした。

僕に
「このクラス嫌だ」と
不満を漏らすクラスメイトが3人いました。

僕は高校受験で失敗しました。

当時の僕は
「良い高校に入れば、
人生が安泰する」と思っていました。

しかも、
定期テストなどは
全てカンニングしていました。

目指していた高校は
今では自称進学校と言われています。

目先のことしか
考えられませんでした。

明〇義塾に入っていましたが、
成績が伸びませんでした。

当時35歳の男の講師に
バカにされました。

この講師以外にも
ほぼ全員に舐められていて、
中2の2月なのに
中1の最初のbe動詞などをやらされました。

もちろん、中1の内容に関しては
ほぼ網羅していましたので
やるだけ時間の無駄です。

be動詞をやらされている件について言ったのは
かなり後です。

これを言うのに、
僕はかなり勇気が必要でした。

母親も塾に入れば、
成績が伸びると安易な考えでした。

塾長は謝りましたが、
やっぱりその分のお金は返すことを言いませんでした。

こういう目にあったら、
消費者センターに相談するでしょう。

高校は志望校に落ち、
地元の私立高校に通いました。

ちなみに
僕の住んでいる地元では
公立高校に入ることが一般的で
私立高校は滑り止め。

もちろん、
学費は公立の倍以上で
クソ高校のため
何かしらの理由をつけて
お金を多く搾取される。

特に担任には
わけもなく殴られました。

共通していえることは
小中高ともに
クラスの女子には
汚物扱いされていました。

さらに
ヒドいイジメも受け、
クズ担任や教師たちは知っているのに、
助けようとしませんでした。

暴行した教師に関しては
今なら
暴行罪で逮捕できないか
警察に相談しますが、
思考停止して、
そこまで頭が回らなかった。

親も
何十年も
思考停止しており、
「学校は神聖な場所」と洗脳されているため、
全く助けてくれませんでした。

このように洗脳されている人は
何人かいるが、
僕の親はかなりの度合いで
洗脳されていました。

特に母親。

母親は
「自分の考えが正しい」と思っているタイプだった。

こういう過信しすぎるタイプほど、
世の中に対する視野も狭く、
論理的に物事を考えられない。
刑務所にいる方が
マシだったのかもしれません。

もちろん、
刑務所に入ったことはありません。

小中高ともに
イジメを受けたため、
人と会話することができなくなりました。

人との接し方も
分からなくなりました。

僕はテレビを見ることだけが生きがいだったので、
「死にたい」とは口に出しても、
「死のう」とは思いませんでした。

当時の僕は
「学校は必ず行くもの」と
中途半端な田舎にありがちなクソ風習に洗脳されたため、
不登校せずに
学校に嫌々通っていました。

ある意味、
創〇学会系列の学校と同じくらいヤバいのではないか!?

僕が行った私立高校は
その系列の高校よりヤバイ。

僕が行った私立の高校も
系列の大学があり、
この高校の大半の生徒が入学している。

その生徒たちも
思考停止しまくっているので、
なんとなく系列の大学に行く。

もちろん、
世間でいうところのFラン大学である。

むかし、よゐこの浜口優が
「めちゃイケ」の企画で受験した大学の一つである。

その際に
面接官が濱口を見て、
笑ったらしい。

それくらい、
宗教の洗脳に近いものを
今にして思うと感じた。

そこから
1浪をして、
都内のFランク大学に通いました。

ここで
一人暮らしを始めました。

僕は大学は
意識低い系の人たちの集まりで
行きたい大学でもなかったので、
入学式や奨学金の手続きだけして、
大学に行きませんでした。

なぜ、
行きたくもない大学に通ったのかと言うと、
僕は浪人したかったのですが、
母親が無理やり決めたからです。

大学は
4年間在籍していましたが、
通ったのは
両手で数えられる程度です。

僕の通っていた大学は
単位をとらなくても
学年が上がるシステムです。

私立のため、
学費の400万円近く無駄にしました。

実家に成績表が届くのですが、
何十年も思考停止している親は
「ちゃんと大学に行っているのか」と
問うこともなく、
疑問を持ちませんでした。

大学に行かずに
嫌々小中高に行った反動なのか
引きこもり当然の生活をしていました。

親に
大学を中退をしたいことを伝える勇気がありませんでした。

また、
学校に行って、
思考停止状態が続き、
論理的に物事を考えられなくなったので、
ありえない儲け話の詐欺に
簡単に引っかかてしまいました。

闇金にも
手を出してしまい、
色々な人に迷惑をかけてしまいました。

しかも、
負け癖がついたせいで、
闇金を合法的な業者と思っていました。

詐欺師とは
電話でやり取りをしていましたが、
今にして思うと、
かなり馴れ馴れしい口調で
言葉遣いもなっていなかったため、
おかしいと気づけますが、
人間性に欠けるクズとの出会いが多かったため、
僕はおかしいと気づくことができませんでした。

さらには
「50億円送金します」のメールの詐欺にもひっかかりました。

最終的には合計で
150万円くらいの
詐欺にあいました。

このお金は
一般の消費者金融や
学生ローン、
さらに母方の祖父母から
借りました。

結局、
親が全部支払いました。

 
大学は
卒業までの単位を取るのに
かなりの年数がかかるため、
父親と話し、
中退することにした。

母親には
卒業と嘘をつきました。

後に
自宅に大学を中退した通知がきて、
母親はそこで知った。

母親は
実家に戻って、
資格を取るように言われたが
僕は聞く耳を持たなかった。

言っていることが
無茶苦茶だった。

今更、
実家に戻っても
しょうがないことが分かっていたから、
1年間以内に
正社員になることを言って、
その場を逃れた。

都内では
派遣社員で
オフィスワークを中心に
仕事をしました。

しかも、
奨学金などの借金返済もあるため、
生活がギリギリです。

全く身になってない借金です。

小中高時代の
マイナスの経験が足を引っ張り
仕事が長続きしなかったです。

僕も恋をしたいと思い、
ネットサーフィンをしていたら、
たまたま恋愛教材をみつけました。

販売ページにのせられて、
いろいろ購入しました。

 

優良なマニュアルもあったが
使いこなすことができませんでした。

クソ商材に騙され、
たくさんのお金を使ってしまったのも事実です。

そして、
ナンパにも興味があり、
悪質なナンパ師のコンサルを受けたが
暴言だけ吐かれて、
嫌な思いをしました。

消費者センター等に
相談する手もありましたが
そこまで頭が回りませんでした。

 
職場には
タイプの女性がいましたが、
どれも上手くいかなかったです。

僕は
ここまで騙され続け、
負け続けの人生を歩んでいました。

自殺しようと思いませんでしたが、
なんとか変えたいと思いました。

そんな時に
とある恋愛教材に
目が留まりました。

この教材は
今は絶版になっています。

特典で
著者とのコンサルがありました。

僕は
どの表現に惹かれたか覚えてませんが、
このコンサルにかけることにしました。

僕は
教材を購入して、
コンサルに申し込みました。

そして、
著者に会うと
相手は女性でした。

コンサルの前に
これまでの人生の経緯をしっかり記入し、
メールかPDFで提出することが
条件でした。

女性は僕に会う前から
僕の人生の経緯をまとめたPDFを
すでに目を通していました。

女性が思ったことは
「早いうちに学校に行くべきではなかった
学校というか
ただの悪質業者」

「まともな出会いがないどころか、
自分にとって害しかない出会いばかりのため、
どんどんマイナスの出会いばかり引き寄せてしまった」

「申し上げにくいが
親がバカすぎる。時代の変化についていけてない」

「親は何も教えなかったんだね、
これで自分たちはしっかり育てましたとか言ったら、
アグネス・チャンに蹴りを入れられる」と言われました。

もしかしたら、
ここまで読んでいた読者の方も
僕の親をバカと思ったかもしれません。

親も
もう少し頭を使ってほしいと思いましたが、
自分の人生なので、
自己責任です。

コンサルは
90分くらいで終わりました。

コンサルでは、

「日本の教育が
どれだけクソか!」

「これからは
他人を軸に生きるのではなく、
自分の軸で生きること。
判断軸をしっかり持つこと」

「これからは
多くの人との出会いを増やしてほしいので
街でナンパすること」

「女性ウケするファッションの勉強をすること」

「居心地の良い職場なら
そこの人間の出会いを大切にすること」

最後に
「もし、学校に行かないで
色々な本を読んで、
自分を固めていたら、
プラスになる出会いがたくさんあった」と言われ、
僕は悔しくなり、
泣きそうになりました。

学校での数年間は
身にならないならまだしも、
本当にマイナスでしかなかったです。

小学校3年から
行かない方が良かったのですが、
高校で止めを刺してしまった感じです。

そこから
お金をドンドン搾り取られる方向に
引き寄せてしまった。

もちろん、
これらの友人とは
会ってないです。

一人、
新幹線の改札前でたまたま会いましたが、
発車の時間の都合で
そこまで話さなかったです。

この友人は
2浪して、
東北大学に入ったそうです。

中途半端な田舎のクソ教育の洗脳もあるかもしれませんが、
小中高校ともに
中途半端に仲の良い友達がいたので、
「学校に行きたい」という結論にならなかったと思います。

「学校に行かない別の方法がある」と少しでも思いついたら、
だいぶ変わっていました。

自分自身が
何か憑りつかれているいるのではないかと思うくらい、
このことについて、
思いつかなかったです。

思いついても、
母親は無理やり学校に行かせて、
学校に電話を無駄にして、
僕と学校に行きたくないことについてもめて、
母方の祖母に預けられた。

今でも、
僕は「早めに学校に行かなかった決断をして、
学校に行かなかった」場合のもう一つの世界があると思っています。

学校に行ったから、
今があるのではなく、
学校に行ってなかったら、
早いうちにプラスの出会いを引き寄せて、
もっと楽しい人生を送っていました。

そこから、話していて
今までにない落ち着きと
希望に満ちるのを感じました。

同時に
中途半端な田舎のクソ教育の洗脳も解けた気がしました。

両親には
生んでくれたことに感謝しますが、
尊敬は未だにできないです。

母親は
特にそうだが、
なんやかんやで都内に住ませたり、
洋服や生活用品も買ってくれた。

この女性は
今でも僕の師匠で
今でも飲みに行く仲です。

僕は
今まで以上に仕事に励み
そこからナンパをはじめました。

最初は
声をかけることができず、
緊張のあまり昼飯も吐きそうになりました。

声をかけても
会話が続かない、
嫌な反応をされるなどがあり、
メンタルがズタズタになりました。

とにかく、
成果よりも
声かけ数に重点を置きました。

成功までのプロセスを
楽しむことにしました。

自分でPCのメモ帳で
フィードバックをしたりして、
そこから徐々に
成果が出ました。

出会いを増やすことで
自分自身も成長していきました。

現在、僕は
恋愛コンサルタントとして、
恋愛テクニックや婚活のコツなどを提供して、
活動しています。

多くの人が
僕のブログを支持してくれるようになりました。

一緒に女性との
恋愛を楽しみましょう!

ちなみにコチラが師匠が運営するブログになります。

⇒芸能・教育情報サイト