デートの目的は、
女性を惚れさせる事です。

 

よく、相手を好きになりすぎて、
一緒に過ごせるだけで幸せ。

というハッピー思考の方がいますが、
これでは、女性を惚れさせることはできません。

 

こういった男性の多くが、目的を決めずに、
ダラダラとデートを繰り返しています。

食事して解散、食事して解散。

こんなつまらないデートでは、
女性は感情的に楽しむことができませんし、
つまらないデートをする度に、
あなたの印象は下がっていきます。

では、どうすればいいか?

順番に解説していきます。

 

■目次■

 

・女性を落とすデートのお店選び

・強制的に興味を持たせる立ち振舞い

・女性が楽しいと思う会話


女性を落とすデートのお店選び

 

デートの場所は非常に重要です。

「最初のデートの場所は、映画館が良いでしょうか?」

という質問をよく見ます。

映画館は、暗闇で喋らなくて良いので、
最初のデートには最適。と思う方もいると思いますが、
違います。

 

最初のデートは、会話をして下さい。

最初のデートは、あなたをどんな人なのか
知りたがっている状態です。

 

できるだけ会話が出来る場所で会って下さい。

食事デートが無難です。

では、どのようなお店が良いのか?

ポイントは、以下の2点

 

・スキンシップがしやすい横並びの席
・照明が明るすぎないお店

 

あまり神経質にお店を選ぶと、
困ると思うので、この2つのポイントに絞って
探してみてください。

探し方は、ホットペッパーや、食べログを参考にしてください。

ポイントは、評価ではなく、お店の内装です。

 

食べログなどは、詳細検索で、
「空間、設備」の項目があるので、

「オシャレな空間」「カップルシートあり」
「カウンター席あり」などの項目にチェックを入れて検索してください。

 

お店を選んだら、必ず予約を取って下さい。

予約をせずに、お店で待つ事になると、
非常にダレるので、必ず予約を取っておいて下さい。

 

また、カウンター席があるなら、
必ずカウンター席などを予約しておいて下さい。

カウンター席などの横並びの席のメリットはたくさんあります。

 

目線に困らないので、変に緊張せず会話できます。

最初は、女性も緊張しているので、
相手にとっても、リラックスできる並び方です。

 

また、すぐ隣にいるので、
非常にスキンシップがし易いです。

対面の席だと、わざとらしいスキンシップになりがちなので、
必ず、横並びの席に座ってください。

 

強制的に興味を持たせる立ち振舞い

 

ここが、最も重要なパートです。

デート中は、目的意識を持って、
会話を選択してください。

目的は、女性を惚れさせることです。

 

そのために、デート中にすることは、

 

・スキンシップを行う
・思わせぶりな発言をする

 

この2点です。

 

モテない男性は、スキンシップが出来ず、
また、思わせぶりな発言も出来ず、
相手の女性の感情を動かすことが出来ず、
「普通のデート」をして、終わります。

 

これでは、次回のデートに繋がらないのも
無理はありません。

 

@pkぽ

 

スキンシップと思わせぶりな発言を行えば、
女性が一番嫌う「普通のデート」から脱却できます。

 

かなり重要な部分なので、集中して読み進めて下さい。

 

・スキンシップの仕方

 

スキンシップをするために、
会話の流れを、手の話、爪の話、骨の話、体温の話などをして、
スキンシップにつながる話しに持ち込むことです。

 

特に女性なら、ネイルをしていることが多いので、
爪の話は自然な流れで行えると思います。

ただ、スキンシップをしたことがない方は、
どのような流れが自然なのかよくわからないと思います。

 

この辺は、非常に感覚的な問題なので、
実際に、経験を積んでもらうしかないのです.

最初のうちは、自分から触りに行くのではなく、
相手に触らせる流れを作ったほうが良いです。

例えば、

「俺のココの骨触ってみて、出っ張りすぎじゃない?」

「最近、不整脈かも、脈おかしくない?」

と、「触ってみて」という流れに持ち込み、
相手の女性に、自分の体を触らせた方が無難です。

慣れないうちに、自分からスキンシップを取ろうとすると、
気持ち悪くなる可能性があります。

 

ですので、最初は安全策でいきましょう。

そして、ある程度、スキンシップができたら、
次は、段階的にスキンシップを強めることを意識して下さい。

 

1,自分の体に触らせる
2,相手の肩に触れる、手に触れる
3,手を握る
4,髪の匂いをかぐ
5,抱きしめる
6,キスをする、胸を揉む

kp@k

7,体の関係を持つ

 

この段階を順番に踏んで下さい。

いきなり手を繋ごうとしたり、
順番をすっ飛ばし行うと、
女性に拒否させる可能性があります。

 

・思わせぶりな発言をする

 

次に、思わせぶりな発言。

女性に、男として見てもらえない。
という男性は、この部分が出来ていません。

これが出来ないと、女性の感情を動かすことが
出来ません。

男として感じさせるには、この女性の感情を動かすことが
重要なのです。

なぜ、女性の感情が動かす必要があるのか?

 

・女性が惚れるメカニズム

 

男性と女性は、恋に落ちるメカニズムが違います。

男性は、視覚情報に価値を感じます。

例えば、女性の脚線美、くびれ、豊満な胸、
髪の美しさ、肌の艶、瞳の大きさ、など。

 

見た目に価値を感じます。

見た目で勝手に惚れるから
女性より惚れる時間が短いのです。

 

しかし、

女性は、男性とは違い、
見た目で価値を感じないので、
スイッチがパチンと入らないのです。

ここ、非常に重要です。

イメージでいうと、じわじわとボリュームが上がるように、
時間をかけて上がっていくのです。

ここにギャップが生まれます。

 

男性は、好きになりすぎているが、
女性は、そうでもない。
という状況に陥りがち。

 

この女性は、すぐに惚れない。というメカニズム
を頭で理解していれば、早まった行動をしないので、
下手打ちが激減します。

「では、女性をすぐに惚れさせる事はできないのか?」

答えは、NO。

女性に思わせぶりな発言をすることで、
この惚れる時間が短縮されます。

 

・思わせぶりな発言とは?

 

相手の女性が自分のことを好きなのか?
と疑問に思うレベルの発言のことを言います。

 

この思わせぶりな発言は、必ず「ユニーク」とセットで
行なって下さい。

 

相手の女性は、冗談なのか、
本気なのか分からないレベルです。

ユニーク:本音 = 7:3

ぐらいの割合です。

 

例えば、

デート中に一緒に写メを取るか、
または、女性単独で、写真を取る。

街に出れば、何かしら写真を撮る
ユニークな被写体があると思うので、
それを利用して、写メを撮っておく。

l「kp「

食事中など、撮った写メを見せて、
「この娘、超かわいい。結婚したい」
と言う。

 

相手の女性は、冗談だと思いつつ、
本当はどうなんだろう?と謎に思います。

ここがポイントです。

これで自動的に、あなたに興味を持ちます。

あなたの魅力とか無関係で。

 

・なぜ、強制的に興味を持つのか?

 

なぜ、このようなことが起こるかと言うと、

例えば、

デート中に、突然、深刻な顔をして

「あのさぁー。」

「どうしよう…」

「あっ、ごめん、やっぱいいわ」

と、言われたら気になって仕方がなくなりますよね?

 

これは「認知的不協和」と言って、
いきなり、「謎」という穴がぽっかりと空いたので、
それを埋めようとするのです。

 

こんな冗談言っているけど、
本当はどうなんだろう?

という謎を強制的に埋めようとします。

自然にモテる男性は、
これを作るのが非常にうまいです。

 

人間が、どんなものに興味を持つか?

 

これを肌感覚で、自然と知っているのです。

謎が多いから、興味を持たれる。

女性は、自然とその人の事を考える時間が増える

なぜ、自分がこれほど考えているか分からない。謎

この頻度が多いので、女性が強制的に落ちている。

 

こんな流れを意図的に作るのです。

そのための、思わせぶりな発言です。

 

これを理詰めで理解してから、実践してください。

 

女性が楽しいと思う会話

 

・会話内容

 

「デート中に何を話せばいいか分かりません」

という相談をよく受けます。

デート中は、「女性が熱中している事の話」をさせて下さい。

自分はあまり喋らなくてもOKです。

 

特に難しいことを考える必要はありません。

女性があるアーティストが好きなのであれば、
そのアーティストに関しての質問をすればいいのです。

「どんなアーティストか?」
「そのアーティストのどこが好きか?」
「どんなことをしてきたか?」

など。

 

その女性の好きなことの質問をすれば、
相手の女性は、「よくぞ聞いてくれました」と
言わんばかりにベラベラと勝手に話してくれます。

ヴぇwp@kvうぇ
自分の好きな事の話をすれば、
相手は勝手に楽しいと感じます。

そして、勝手に
「この人といると楽しい」
と、連想してくれます。

これほど、素晴らしい事はないです。(苦笑)

ですので、デート中に会話に困ったのであれば、
自分の話をせず、女性の好きな事の話をしてください。

 

・次のデートの約束

 

また、次回のデートは、
必ずデート中に約束してください。

 

デート中に、これが食べたい、
あそこに行きたい。という
女性の願望が出てくると思うので、
それを踏まえて、
「じゃ、今度行こう。」
と約束を取り付けておくのです。

 

そして、別れ間際に、
「じゃ、今度は、〇〇行こう」
と言って別れる。

その後は、デート後にメールで
日程を調整するだけです。

次回のデートに繋げれない男性は、
このデートの約束を
メールで行おうとします。

 

「次、どこ行きたい?」
などと、相手に考えさせる面倒なメールを送ってしまい、
メールが返ってこなくなったり、
返信が遅れ、次のデートにつながらなく、
関係が終わってしまうのです。

 

これを回避するために、
次のデートのアポは、
必ずデート中に行なって下さい。

 

まとめ

 

・最初のデートは、会話をする

・ホットペッパーや、食べログで、
「スキンシップがしやすい横並びの席」
「照明が明るすぎないお店」を選ぶ

・お店は、必ず予約を取る

・デート中は、スキンシップを行うか、思わせぶりな発言をする

・最初のうちは、自分から触りに行くのではなく、
相手に触らせる流れを作る

・段階的にスキンシップを強める

・思わせぶりな発言は、必ず「ユニーク」とセットで行う

・デート中は、「女性が熱中している事の話」をさせる

・次回のデートは、 必ずデート中に約束する