運命の出会いを発生させるには!?

脈ありサイン

若い頃は一目惚れしたり、
好意を持っている人が彼氏や彼女持ちだと発覚して、
意気消沈してしまうことが多々ある。

 

切なく辛い現実ですが、
嫉妬したり憎んだり羨ましいと思っていても、
現状は変わりません。

 

好意を持った人に彼氏や彼女がいることで、
諦めるという判断をせずに相手を好きにさせて、
「奪う、口説き落とす」という対処方法も存在しています。

 

人生経験を積んでいくと完全にフリーの人だけでなく、
恋人持ちであってもお互いに恋愛多少になり得ることがわかってきます。

 

国の調査では結婚適齢期の成人男女で、
約2~3人に1人の割合で交際相手がいないというデータが最近出ました。

言い換えれば、
半分に1人は異性のパートナーがいる。

理論的には略奪愛を視野に入れることで、
付き合える可能性を2倍程度引き上げられるというわけです。

 

女性の場合は彼氏がいたほうが性的には寛容になりやすい傾向があるので、
ちょっと脈ありの人に優しくされたり強引に言い寄られたり、
デートに誘われると、 つい一時に気の迷いで過ちを犯してしまうこともある。

 

そして、そこから今のパートナーと新しい異性との間で気持ちが揺らぎ、
新恋人と親密な関係へと発展していく。
などのエピソードはよく聞く話です。

本気の思いを簡単に捨てるのはもったいない、
「どうせ叶わない恋だから忘れたい」と諦める前に、
完全に脈なしなのか、望みがあるのかどうか見極めてみましょう。

 

特定のパートナーがいる人は、
異性に対する余裕や自信があるので、
老若男女年上年下問わず誰に対しても、
優しいし思わせぶりなので、
恋愛経験が少ない初心な人を勘違いさせるような態度をとることが頻繁にある。

 

飲み会や合コンではかわいいと褒められたり、
「彼氏or彼女いるの?」と恋人の有無を聞かれたり、
ちょっかいを出したりボディタッチをしてきたりと、
男女の扱いに慣れていたりする。

フレンドリーにさり気ないアクションを起こせたり、
褒める言葉を吐けるのは恋愛経験豊富な玄人である事が多い。

 

kpk

 

不思議なことに人は異性と遊ぶたびに、
経験値が増えて魅力が増してきます。

ランチや映画、ドライブや綺麗な夜景、
バレンタインやクリスマスなど様々なイベントを、
誰かと一緒に過ごせばそれだけモテるようになるのです。

 

恋愛は弱肉強食の世界なので、
恋愛が成就し両思いになる人がいれば、
逆に振られたり心が折れ傷つき、
片思いのまま終わる人が生まれるのは仕方ないです。

 

好きな人に彼氏や彼女、妻、嫁や夫、
旦那がいたり子持ちの家庭有りでも、
諦められないことは珍しくありません。

しかし、恋愛は浮気や不倫、乗り換えなど、
倫理的に悪いと捉えられそうなプロセスから、
結婚に至り幸せになる男女もいます。

 

動物の世界では遺伝子を残すために、
いつも一生懸命頑張り、
身体を色鮮やかに着飾ったり、ダンスを踊ったり、
声を出したり、強く見せたり様々な求愛のパフォーマンスをします。

 

人間社会も同じで、
異性はライバルから勝ち取るものだと言う意識が必要になることもあります。

傷つきたくない、
傷つけたくないという気持ちは競争相手に遅れを取る結果になります。

ボーッと過ごしてせっかくのチャンスを逃すことのないよう、
常に先手必勝でアクティブに行動する心の準備をしておきましょう。

 

k@k

 

~男女別恋人持ちへの基本的な口説き方~

 

年齢が上がってくると、
好きな人に既に彼氏や彼女がいることが少なくない。

男性からすると女性の全員が、
彼氏持ちであるかのような感覚すら覚える。

素敵で魅力がある男女を周囲がチヤホヤしないはずはありません。

特定のパートナーがいるということは、
人間的な価値がある程度保証されてると言っても間違いではないので、
独身よりもカップルや既婚者の方がモテたりします。

 

男女別の異性として意識させ、
恋人候補として認識させるテクニックを紹介します。

 

まずは相手の視界に入る努力からスタートし、
好感度を高めていきましょう。

 

・彼女がいる男性への効果的なアタック方法

 

男性は心と身体が別で、
浮気心がありながらも本命への気持ちはキープし、
あわよくば二股もしたいというずるい思考を持っている。

 

スタイル抜群の美女に言い寄られると、
あっという間に手を繋ぐし、ハグ、キス、
家の部屋に呼び泊まるなど体の関係になってしまう人も少なくない。

 

政治工作の世界では、
ハニートラップと呼ばれる色仕掛けに簡単に騙されてしまうのは、
男性の悲しい性です。

都合のいい女として遊ばれるのではなく、
本命として好きにさせる、
追わせる必要があるのが女性の大変なところです。

 

惚れさせる、
振り向かせるためには好きな人の彼女よりも、
外見も中身も魅力をアップして好印象を与える、
相手の好みのタイプをリサーチして、
服装や髪型を変えてみるなどが有効です。

 

他にも基本は褒めることで承認欲求、
男のプライドをくすぐり満足感を与えることができます。

次に効果的なのは安心感を与えることです。

簡単に言ってしまえば、
常に味方になる「優しさ」が重要です。

世の中思った以上にカリカリして、
他人をつっぱねたり、
異様にネガティブだったりする性格の人がいます。

 

彼女に悪口や文句を言われて頭にきて、
飽きれ始めている彼氏という状況もよくあります。

 

笑顔で思いやりを持って接するという当たり前のことができると、
それだけで彼女やお嫁さん候補になれます。

「最近彼氏と別れて寂しい」と、
嘘をついて甘えるのも独占欲を満たしドキッとさせることができるでしょう。

男友達と遊んでいるブログやツイッターをアップするなど、
ヤキモチを妬かせるようなことは失望されるので控えましょう。

女性がガツガツしていると冷めるという意見を聞きますが、
そんなことはありません。

 

友達として付き合ってくださいと言われたら、
大抵の男性はOKするでしょうし、
結婚してくださいとプロポーズされたら、
独身男性ならノリで承諾してしまうかもしれません。

 

男性は女性とは違い、
いつでも異性からの接触を歓迎している。

距離感を伺わず、
素直に一直線に攻めるのが、
最も意識させることができます。

男性はしつこすぎて撃沈しがちですが、
女性は真面目なのであっさり引き下がり諦めてしまうのが共通点です。

本気で好きなら、
消極的に待つだけでなくアクションを起こしましょう。

 

「寝取り」という荒技も女性ならではの強力な武器になります。

ただ、優越感を抱かせると調子に乗って、
振り回すタイプがいるので注意が必要です。

 

一度やったらポイッと関係を断ち切ってしまいそうな、
チャラいダメ男にだけは見抜きましょう。

追いかけるべき相手なのか見極める真偽眼が欲しいところです。

 

・彼氏がいる女性への効果的なアタック方法

 

女性は基本的には一途であり、
イケメンに言い寄られても現状のパートナーに満足していると、
まずなびかないのが特徴です。

もしチャンスがあったとしても、
彼氏に対する後ろめたさや引け目、
罪悪感などの理由で断らざるを得ないこともある。

 

そんな迷える女性を導くのが男の決断力です。

 

女性は押しに弱い、
ぐいっと引っ張ってくれる異性には、
「そんなに言うなら仕方ないわね」と受け入れてくれる。

女性は彼氏以外の他の男と遊ぶ言い訳が欲しいのです。

しかし、いくら押しに弱いといっても、
ラブラブ状態のカップルに対しては、
その絆を破壊するのはほぼ不可能です。

 

@pkp

 

女性は顔や容姿、
見た目の良し悪しよりも、
関係性を重要視する傾向があります。

デートに誘うタイミングが肝心で、
できるだけ彼女に隙がある時にアピールするようにしましょう。

チャンスが無い時は冷たい対応を取られたり、
メールやラインは無視されることでしょう。

しつこくしすぎると嫌われることすらあります。

 

彼氏持ちを攻略するためには、
男性側が彼女にとって、
どのようなポジションになれるかが問題なのです。

 

女性は案外腹黒く切り替えも早いので、
「次の彼氏候補」を見つけてから、
交際相手と別れることが結構あります。

「2番目の男友達」ぐらいの地位があると、
案外すんなり略奪できてしまうのです。

良くあるケースでは、
彼氏の愚痴を聞いたり悩み相談をしているうちに、
いつの間にか付き合っていたという展開。

 

これは女性にとって話を聞いてくれる楽しいと思わせる存在であり、
さらに誠実さや真剣さを感じさせる。

心理学的には秘密の共有なども、
相まってうまくいきます。

 

もし二人きりで遊ぶことに成功すれば、
「彼氏がいるのに遊んでる」という事実が刺激的で、
より胸をドキドキさせる要因になり、 二回目のデートに繋げる確率が高まります。

そして最後になんといっても、
女性は本能や感情的な意思決定に従いやすい。

ムードや雰囲気に流されやすく、
一度肉体的に繋がると大抵は本気になってしまう性質があります。

女性を落とすには心を魅了するよりも、
体を獲得するのが、実は近道だったりする部分もあります。

 

女性が気分でサシ飲みやデートに応じてくれたチャンスに、
しっかり笑わせて満足させ最後までエスコートできる実行力があれば、
彼氏持ちでも付き合えることでしょう。

 

略奪愛のチャンスがある落ちやすい心理状況

 

新しい恋人と付き合い始めることよりも、
長期間付き合った彼氏や彼女と別れることの方が意外と精神をすり減らします。

今まで毎週末一緒に遊んでいたのに、
予定がポッカリ空いてしまったり、
忘れられない楽しかった思い出なども沢山ある。

悪口を言ったり、
優柔不断で突き放すのが苦手な人はちょっと嫌いだと言っても、
別れてくれなくて情で付き合いを続けていたりする。

もしかしたら、ストーカー化するリスクもあります。

人は現状維持をしたがり、
急激な変化を受け入れない性質がある。

 

今の状況の2倍程度の報酬や改善が見込めないと、
新規の行動やステップアップに移しづらいという心理の法則があります。

 

つまり、気分が沈んでいて、
マイナス状態の時は精神的に将来への期待値が高い。

別れやすい精神状態をピンポイントで、
突いて攻めることが成功への近道、コツになります。

付き合っているといっても、
惰性で付き合っていたり、
どことなくうまくいっていない別れる寸前のカップルなどもいます。

このような心の隙間に入り込めるタイミング。

 

別れそうな時が狙い目です。

 

うまくいくパターンでは、
相手を別れさせるというより、
お互いが自然に引き寄せあい自然に結ばれます。

 

男女が交際していれば、
心変わりをしたり気持ちが傾くのは普通の事です。

友達として仲良くして、
あとは自分磨きなどをして我慢の期間を過ごす。

 

恋人持ちをターゲットにする場合、
じっと待つ忍耐力が必要です。

 

別れた後、すぐに他の人との恋愛が始まることも多々あります。

別れそうな時、
以外は必死に口説いたりアプローチしても、
時間の無駄に終わりやすいので機を見て動きたいものです。

どのような時に略奪愛が起こりやすいのかは以下の通りです。

 

・倦怠期、彼氏彼女への不満が溜まっている時期

 

飽きる速度は個人差がありますが、
長期間付き合っているとマンネリを感じたり、
デートの回数や会話の頻度が段々減ってくる傾向があります。

特に甘えん坊の構ってチャンな性格の人は、
放置されて退屈になるとすぐに新しい異性とデートしてしまう遊び人タイプもいる。

 

遠距離恋愛や単身赴任で会えなくて寂しい時、
同棲して相手の欠点や短所が見え始めてる状況などなど。

 

人は好意的な心境のときは、
その人がどんなに悪い事をしていても、
肯定的に捉えてより好きになっていく。

逆に少しでも、
「嫌い」と思い始めるとその部分が増幅され、
段々「嫌い」の度合いが増していく。

@ppk

心理学で言うところの単純接触効果、
近接の効果の悪い面です。

マイナスな感情を持っている相手と顔を合わせると、
その量に比例して嫌いになっていきます。

 

心の片隅に「この人とは気が合わない、
相性が悪いな」という感情が芽生えた瞬間に、
性格や価値観の不一致となり、
二人の関係はあっという間に破局を向かえるのです。

 

好きな人がこの手の不満を抱えている場合、
別れる兆候が出始めているのでチェックしておきましょう。

 

・弱っている時

 

人は心が弱っている時は誰かに頼りたい、
寄り添いたい気持ちでいっぱいになります。

特に女性の場合は男性に比べれば、
比較的簡単に男性と親密な関係になれてしまうため、
男性依存症になってしまうレベルの人もいます。

具体例を挙げれば、
病気で寝込んでいる時、
仕事で上手くいかない時、上司やお客さんに怒られた時、
人生がお先真っ暗のように思えてしまう時です。

 

このような心理状況の人に励まして支えてあげるなど、
サッと手を差し伸べてあげる細かい配慮があると非常に喜ばれます。

 

何かしらのストレスを抱えている人は恋に落ちやすいのです。

「大丈夫?」「どんまい」
「これから頑張ればいいじゃん」など凄く単純な定型句です

気分が沈んでいる時に言われた方からしてみれば、
感激して泣いてしまうほどかもしれません。

不登校、不良、精神病、貧乏でお金が無い、
人間関係がうまくいかないなど。

相手のコンプレックスや人生の障害などがあれば、
それをフォローしてあげられるとポイントが高いです。

 

・長期的に付き合う友達になれそう

 

中学生や高校生の頃であれば、
青春の流れの中、勢いで付き合っているカップルも沢山いるので、
大抵は卒業時や数年後に別れています。

人間の本能で恋愛感情は3年で薄れやすいようにできているので、
学生時代の期間が終わる頃は調度冷めるタイミングなのです。

ラブラブのカップルでも、
些細なきっかけで喧嘩別れをすることもある。

 

友達以上恋人未満のよき理解者として、
適度に挨拶したり会話する機会があれば、
別れた直後のアプローチがうまくいきやすい予約状態のポジションにいることも可能です。

 

最近ではtwitter、
line、facebookなどSNSや情報共有ツールで、
繋がっていれば良いので楽チンです。

 

d@pwkq

「キープ」されてるなんてプライドが許さない人もいますが、
好きな人と結ばれる夢が叶うかもしれないのであれば、
大したことではないでしょう。

悩み相談や愚痴、趣味の話など、
どこかで接点を作ればこの作戦は成功しやすい。

 

職場の同僚との社内恋愛の場合は長時間顔を合わせ、
目が合うことも頻繁にあるので、
友達として仲良くしながらじっと耐えて待つことが容易な環境です。

 

また、元カレや元カノは一緒に寝た、
一夜を過ごしたなど既成事実があり、
大抵はこのポジションなので復縁のチャンスがいつでもあります。

ドライブデートで好きな人が眠っている時にキスを数回してしまうなど、
既成事実を作ることに成功すると、 気持ちが揺らいできます。

 

・休日に暇そうにしている

 

自分のことを暇人だと言っている人はあまりいませんが、
退屈そうにしている人は稀にいます。

このタイプは他人を気にせず、
自分の弱みを出す性格の良さがあり、
さらに甘え上手なので人気者が多いです。

 

kp@k

 

付き合っている男女では、
マンネリから「仕事で忙しい」と言われて、
デートを拒否されていることがあります。

このようなシグナルを見逃さないようにしましょう。

恋人持ちの好きな人とお友達として関わっていると、
このような付け入る隙をサインとして発していることがあります。

 

彼氏、彼女持ちへのアプローチ方法

 

彼氏や彼女がいる人との恋愛の場合、
普通の友達よりも一歩進んだ関係として、
アピールできるかどうかが勝負の分かれ目です。

短期決戦で別れさせるのは困難なので、
長期的な戦略でじっくりと得点を積み上げる計画を心がけましょう。

 

・定期的に関わりを持っておく

 

例え付き合っていなくても、
恋人としての立ち位置まで上り詰めておくことができます。

そして別れた瞬間にすぐさまくっつくというのが理想的です。

そのためには、
友達でありながらも恋人レベルにまで好感度を上げておくことが大切です。

 

具体的な成功例としては、相手に愚痴や悩み、
日常の出来事を喋らせて、
適度に相槌を打ち無意識に気が合うという印象を与えて、
愛着を持たせることでうまくいったという体験談があります。

 

最近では、
常に関わっていられる便利なコミュニケーションツールが沢山あります。

ツイッター、ライン、ミクシィ、
フェイスブック、メールなどは常に繋がっていられます。

スマホアプリやインターネットの世界でのお喋りもリアルで、
顔を合わせるのと似たような作用があります。

具体的な方法としては、
3ヶ月に1度ぐらいデートに誘ってみる、
謹賀新年の挨拶や誕生日おめでとうメッセージを送る、
ツイートやブログにコメントするなどが効果的です。

ただ、うざいと思われるほど電話連絡をしたり、
ラブレター的な内容の文章を送りすぎる等、
無駄絡みをすると返信なしや音信不通になったりすることもあるので、
さじ加減には注意しましょう。

 

・共同作業をする

 

感情の共有は無意識に仲間意識が芽生え絆を深める心理効果があります。

喜怒哀楽なんでも良いのですが、
特に苦労や苦痛などは強く記憶されやすいので、
恋愛感情に繋がりやすい。

一緒にトラブルや辛いことを乗り越えた体験があったりすると、
親密度が高まります。

よくある事例としては、
会社の同期や同僚とグループワークや残業をした帰り道に、
ご飯を食べて自宅にお泊り、
アルバイトでクレーマーに文句を言われたりします。

さらに、店長に叱られたフォローをしてくれた先輩と、
後輩で結ばれたりなどの展開がありがちです。

 

ストレスが掛かったり、
心が弱る状態では仲間を作りたがるという心理の性質を利用する方法とも言えます。

 

このようなイベントを発生させるためには、
とにかく好きな人に頑張って近づきプライベートに積極的に関わること、
単純接触の原理が 最もシンプルで有効です。

 

・本気さをさりげなくアピールする

 

「重い」というと世間では悪いイメージと捉えられがちですが、
いざ当事者になってみれば真剣で純粋に愛されることは非常に嬉しいものです。

ゴマすりを考えるとよくわかります。

客観的に見ると腰を低くして、
ペコペコしてお世辞を言う様子は滑稽ですが、
サービスを受けている側は悪い気はしないのです。

直接、口で伝えるのが恥ずかしければ、
メールやラインなどで気楽に思いを告白しましょう。

もしかしたら、
その行動で相手が恋人と別れるきっかけに繋がるかもしれません。

 

ただ、好きだからといって、
媚びたり土下座をして頼み込むように、
自分の価値を下げるアタックの仕方は逆効果で嫌われたり、
避けられる余所余所しい冷たい態度になります。

 

人は自分が尊敬できる人を好きになります。

だから、自分を貶めるような言動を取る人は嫌いになることでしょう。

人として好きだという気持ち、
誠意を伝えれば応えてくれる可能性があります。

二番目の恋人候補として、
保留扱い昇格できるかもしれません。

少なくともお友達としては、
付き合ってくれる関係に進展できるでしょう。

略奪愛はタイミング次第で成功します。

 

しかし、恋愛の難しいところは、
乗換えを考える人は惚れっぽい面があるので、
付き合ってからも油断できないところがあります。

 

好き好きアピールで落とせたとしたら、
同じような手口で違う人に口説かれたらそっちに流されて行きやすいです。

いけないことをしている自分に夢中になっているだけで、
欲しいものを手に入れた途端、急に冷めることもあります。

 

結婚を視野に入れて考える場合は、
今相手が付き合っている彼氏や彼女と比べたり張り合うのではなく、
本当にフィーリングが合うかどうかを重視して付き合うことを考えましょう。

 

相手が恋人ときっぱり縁を切ってくれたことを確認できれば、
安心して交際を始められることでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ