人生にも恋愛にも出会いと別れはつきものです。

男女交際はうまくいくことよりも、
失敗し挫折する確率の方が高いので、
悲しんで泣いている人の方が割合は比較的多いです。

 

若い人では学生時代に、
片思いの相手へのアプローチを、
決断できない歯がゆさからくる自責の念や、
告白をして振られたことによるショック。

 

20代以上では職場や社内恋愛の末の破局、
家庭がある既婚者との浮気や不倫が本気になるケースなど、
失恋や関係を継続できない、
復縁できない等で、
胸が張り裂けそうになるほど精神的に辛いこともある。

中学生や高校生などの若年層ではストレス耐性の未熟さから、
中高年以上では過去の行動や態度の反省により後悔することが多いようです。

本命の気持ちで大切に思っていた素敵な人ほど、
思いを断ち切ることが困難です。

 

自分の中ではパートナーと相性が抜群だと感じていたのに、
相手からはつりあわないと思われていたとわかると、
絶望感に襲われます。

20代半ばを超えてくると、
別れた彼氏や彼女がすぐ新しい恋人を作って、
電撃結婚なんてことはしょっちゅうあります。

もし、好意を持っている相手に熱烈にアタックしても、
リアクションが芳しくない場合は、
今の恋心をさっぱり諦めることも重要なことです。

 

しかし、いつまでも未練タラタラで、
昔を懐かしんでいても次に進めません。

競争率が高いモテるイケメンや、
美女を獲得するのは難易度が高い。

 

本気の愛を伝えても駄目、
脈なしと判断できたら、次にチャレンジしましょう。

lpl

~男女の後悔の質の違い~

 

男性と女性では、
彼氏彼女に振られたときに悔やむポイントが微妙に違う傾向がある。

その特徴は、男性は良かったことを思い出して後悔し、
女性は自分がしてしまった過ちや
反省点などを後悔しやすいという点です。

 

男性は元カノとあそこにデートした、
あの時が楽しかったということを思い浮かべ、
女性は元カレへの謝罪の気持ちや、
自分の欠点や短所などで嫌われた事を後悔していたりする。

 

彼氏が彼女を振る理由は、
段々気持ちが重く感じてきたり、
ベタベタされるのにうんざりして、
衝動的に別れ話を持ち出したりします。

その後に楽しかったことを思い出して、
短期間ですぐに復縁したくなる。

男性が新しい恋人を作る以外で、
彼女を振る場合は意外と元鞘に収まる事が多いのはこのためです。

逆に彼女が彼氏を振る場合は愛想をつかしたり、
軽率な言動にむかついて別れます。

 

彼女側にまったく否がないケースでは、
ほとんど復縁は不可能で、
逆に彼女側が原因で別れた場合は復縁の可能性が高い。

 

だから、男女別で復縁の手段は若干異なっているのです。

つまり、男性は女性の長所や魅力の虜になり、
盲目的に追いかける単純な行動原理なのに対して、
女性は自分自身の不甲斐なさを悔やみ自分を責め、
元カレに自分の成長をアピールしたがるようなところがある。

「幸せになって私を振った元カレを見返してやる」
という感情は女性特有のものです。

 

女性は男性よりも感情の振れ幅が広く、
プラスやマイナスをコントロールするのが難しい、
特にポジティブよりもネガティブに触れるタイプが多いように感じます。

 

女性は嫌な出来事ほどよく記憶している。

好きなタイプの男を説明するときは、
「全部好き、雰囲気がいい」など抽象的な言葉なのに対して、
嫌いなタイプの男の場合は、
「不潔、挙動不審、喋り方がキモイ、顔が生理的に無理、ダサイ」など、
いくらでも具体的な悪口が出てくる。

失敗、納得できない不条理、
危険な目に遭ったトラウマ、怒り、悲しみ、罪悪感など。

 

女性は男性よりも力が弱いので、
自分の身を守るため、
リスクを回避する本能を重視しやすいのです。

 

逆に言えば女性は適度な負の感情で傷つけると、
恋のスパイスとして効果を発揮したりします。

優しいだけの人よりも、
チョイワルで刺激的な方が好かれやすいのは、
女性の潜在意識に強く記憶されるからです。

実際、暴力的、攻撃的な男性は、
彼女が途切れなかったりします。

最後に思考回路を簡単にまとめてしまうと、
男性は基本楽観的で女性は、
能天気か悲観的かのどちらかに極端に傾きやすいと言えます。

 

おpj

 

失恋が辛い理由

 

・情が芽生える

長く付き合い自分の頭の中に占める割合が大きくなってくると、
いつの間にか自分にとってなくてはならないものになっていたりします。

心理学的には自我関与と呼ばれるもので、
恋愛では対象に対する意識や行動の割合の多さが好意に繋がるというものです。

また、自分の持っているモノを、
優れたものと信じ込む所有効果の心理もあります。

 

可愛くて性格の良い女性ほど、
素行不良のダメ男にハマってしまうのも、
これらの性質が作用しています。

 

世話の焼ける幼稚な男は、
母性本能がくすぐられて、
ついつい支えてあげたくなります。

そして普段は頼りないのに、
時より見せる男らしさにギャップを感じて、
よりハマりこんでしまう。

 

普段の振る舞いがあまり優秀じゃないからこそ、
イライラ感や不満によって彼氏のことを考える時間が増加し、
より惚れ込んでしまうのです。

 

この心理はペットロスを例にするとよく理解できます。

私は過去に18歳の愛犬を寿命で亡くした経験があります。

 

私の性格は冷静であまり動じないタイプなのですが、
毎日朝昼晩顔を合わせ挨拶し散歩して、
食事中もほとんど一緒で頭も体もよしよし撫でて可愛がっていたので、
さすがに寂しさや心にポッカリ穴が開いた感覚がありました。

 

朝早く起きて散歩、夕方や夜にも散歩、エサや水やり、
トイレの世話など面倒を見るのに時間がかかり大変でしたが、
失った後にその手間のかかる時間が最高の宝物だったのだと気づきます。

 

pjぽj

男女の付き合いも共通です。

週末にいつもデートしていた恋人がいなくなると、
休みの予定がなくなり、喪失感が湧いてきます。

毎日顔を合わせたりメールや
電話で連絡を取り合っていた恋人が突然返信をくれなくなると悲しいものです。

付き合う期間の長さや会う頻度は、
情の量に比例してると言っても過言ではないと思います。

1年以上も付き合ったり同棲でもしていれば情が芽生え、
別れた後に虚しさを感じることでしょう。

 

・やり残したことがある

 

心理学には達成してしまったことより、
中断したことをよく覚えているツァイガルニク効果というものがある。

「夫婦関係が冷め切っている高収入の現在の夫よりも、
貧乏だけど相性が良かった昔の彼氏と結婚していたら、
もっと幸せになっていたかもしれないな」
という過去を引きずってしまう妄想もこの無意識の心理で説明できる部分がある。

 

特に「友達として仲が良いけどあと一押しの恋のアプローチができなかった」 など、
もう少し努力していたら、
うまくいっていたというパターンだとより強く印象に残る。

 

ギャンブルであと少しで大金が手に入った、
宝くじで一番違いで外れたなども似たようなものでしょう。

 

k@おk

「もっと頻繁にコミュニケーションをとっていれば、
恋人と長続きしていたかもしれない」などもよくある思い込みです。

 

一度会ったきり、一回デートしてそれっきり次の約束は断られるなど、
人はできなかったこと、
手に入らなかったものなどの過去を極端に美化したり、
反対に酸っぱいブドウのキツネのように極端に貶めたりするのです。

 

・未来に希望が持てない

 

現状がうまくいってない人は将来に対して夢を抱けず、
「あの頃は良かった」と過去を美化して、
後ろばかり振り返り立ち止まってしまいがちです。

不幸になるか幸せになるか、
未来の事は誰にもわからないのですが、
過去の栄光があまりに輝かしいと、
それが無くなった時のギャップで精神的にダウンしてしまいます。

 

自分の顔や見た目、能力や収入に自信が無い人や、
年齢的に次の恋愛の難易度が高くなりそうな人はこの状態に陥りやすい。

この点は何も考えず頭すっからからんで、自由奔放、
自分の思うままに生きている人の方が悩みも少なく幸福になれそうです。

コメントをどうぞ