学校や大学のサークルと同じように、
男女が入り混じっている仕事先の職場では、 社内恋愛はよくあることです。

 

上司と部下、年上の先輩と年下の後輩、
同僚や同期、派遣社員、アルバイトやパートと正社員など、
あらゆる世代間、歳の差が開いていてもオフィスラブは繰り広げられています。

 

しかし、いざ自分が当事者になってみると、
恋を進展、成就させるのが大変で難しく、
思った以上に疲れると 実感することがある。

 

少し理性的に冷静になって考えてみると、
周囲の目が邪魔で行動を起こすのが恥ずかしいし、
内緒にして隠していた関係がバレると嫌がらせをされたり、
また上司と付き合ってから別れた後は異動や転勤、
退職するハメになるリスクも存在し 注意が必要です。

 

しかし、職場恋愛、社内恋愛はデメリットばかりではなく、
メリットも沢山ある。

なんとなく気まずいから最初の一歩を踏み出すのは勇気が必要ですが、
一度好意を示すことができればそれ以降はあっという間に、
親密な関係にまでステップアップできる。

 

仕事場は四六時中一緒に作業をしている空間なので、
一度気になり始めると、
好意の気持ちが日に日に膨らんで増加してきます。

 

朝出勤時に挨拶したり、
メールアドレスや電話番号など連絡先の交換など、
どんな方法でも良いので一回打ち解けることができれば、
そこから先は簡単に仲良くなれるというのが最大の利点です。

好きな人と一緒に働けるなんて、
まさに仕事が楽しくて仕方ない夢のような状況を作り出すことも可能です。

 

そのためにも、
男女共に独身でフリー状態であれば、
異性から発せられる脈ありサインを見逃さないように、
アンテナを敏感にしてチェックしておきたい。

 

そして好意があると確信できたら、
さらに仲を深めるアクションを起こすようにしましょう。

職場、社内恋愛は第一声が大きな壁です。

何でもいいのできっかけや口実を作って絡むようにしましょう。

ここさえ乗り越えることができれば、
後はトントン拍子に友好関係を進めることができます。

kpk@
 

職場恋愛、社内恋愛でありがちな好意のしぐさ、態度、行動

 

・他の人と扱い方が違う

 

どんなに公平に人と接することを心がけている男女であっても、
やっぱり好きな異性には普通とは異なる贔屓目(ひいきめ)な対応をしてしまうものです。

 

特に男性上司は特定の女性の部下にだけ、
異様に優しくする性質がある。 実際同僚や同期よりも、
上下関係、従属関係がある男女の方が 案外交際はうまくいきやすい。

 

例えば、挨拶の声がワントーン高く目が輝いていて、
笑顔だったら高確率で脈ありと言える。

他にも休憩中に話しかけてきたり、
お昼ご飯一緒に食べないかと誘ってくるのもわかりやすい。

皆には敬語なのに自分にはタメ口のような砕けた言葉遣いなど。

 

他にも挙げればきりがないほどありますが、
どこか他の人とは違う特別扱いされている感じがしたら、
こちらに興味関心、気があると期待してもよい判断材料となるでしょう。

 

・よく目が合う

 

職場では学校でよくあることがそのまま当てはまります。

遠くの席にいるのに、いつの間にか目が合っている。

友達と話している時に、
友達を見るようにしながらもこちらをチラ見している。

横目でちょっと気になるようなしぐさや態度が見て取れるなど。

 

ラブラブなカップルや結婚式の新郎新婦を観察すると、
普通の男女よりもお互いの瞳を見つめ合っている、
凝視の時間が非常に長いのが 見て取れる。

 

視線の動き、アイコンタクトの量は愛情確認の手段として、
最もシンプルでわかりやすいものです。

何の気無しに目を見つめても違和感を感じず、
むしろ安心感を覚えるような感覚だと、
その二人は相当フィーリングが合っていて相性が抜群、
片思いではなく両思いの確率が高い。

どちらかがガンガン積極的に押す姿勢を見せれば、
アプローチはうまくいくことでしょう。

 

・悩み事を相談してくる

 

会社に勤めてある程度の人間関係に揉まれると、
必ずと言っていいほど いざこざや厄介ごとが生じます。

 

世の中完璧人間ばかりでなく誰しも短所や欠陥、
悪い癖の一つや二つはあるものだし、
人間的にどうしても好きになれない相性が悪いタイプもいます。

 

また、仕事でうまくいかない時や将来に悩んで、
愚痴をこぼしたくなる時もある。

そんな溜まり溜まった鬱憤やストレス、
フラストレーションを吐き出せるのは 信頼できる人だけです。

もし、それが異性であれば、
もう彼氏や彼女、恋人関係へと発展してもいいというokサインが出ているようなものです。

l@pk
 

付き合ったきっかけランキングの上位に、
友達の相談相手から次第に仲良くなり、
交際をスタートさせたという項目がある。

 

恋愛心理学的にも、
秘密の共有やパーソナリティ情報や過去などの打ち明け話(自己開示) は、
親近感を抱かせる効果があります。

 

プライベートで、悩み事やコンプレックスを相談されたら、
もう次の段階へと進む準備は整っているでしょう。

 

デートに誘ったりちょっと口説くだけで、
簡単に心理的距離が縮むと思われます。

 

・いつの間にか近くにいる、ボディタッチされる

 

人間心理として、
初めはアイコンタクトで信頼できる人物か確認し、
次のステップでは触りたい、
スキンシップを試みたいと思うように本能で決まっています。

 

実際に触ることはなかなかできませんが、
ボディタッチを仕掛けるためには傍に近寄る必要があります。

自分の周囲1m前後のパーソナルスペースに侵入してくる異性がいる場合、
大抵は脈ありと考えられます。

 

「手や肩に触れたい」という願望があり近づいてみるものの、
自分の意志を抑制してしまい、
手を出せず悶々としている男女は大勢存在します。

 

これは特に定期的な息抜きの宴会、
新入社員歓迎会や忘年会などの飲み会の機会があると、わかりやすい。

恋愛に積極的な肉食系の性格タイプであれば、
飲み会で自由席だった場合、高確率でターゲットの隣の座席をキープしています。

 

このポジションは最も話しかけやすく、
ボディタッチがしやすいベストな座る位置です。

草食系や奥手で受け身なシャイボーイの特徴を持つ場合は、
逆に遠ざかることもありますが、
それでも最低でも視界の中には入りたいと思うでしょう。

 

外回り営業のチームで行動している時、
ふと気づくと近くにいるなど、
どこか違和感を感じるケースでは脈ありサインであるパターンが多いのです。