「可愛いあの人と付き合いたい!」

男性なら誰しもが、
一度はこの悩みに直面するはず。

せっかく良い人と出会えたなら、
確実にチャンスをものにしたいですよね?

 

そこで今回は、
付き合う前の連絡頻度やデートの誘い方から、
初デートに最適な場所や告白への流れ。

さらには、付き合う前に手を繋いだり、
キスをしたり、エッチするのはどうなのか?

 

過去の記事にもデートの手順を記載しましたが、
恋に落ちてから女性と付き合うまでの全てを、
別の目線で解説します。

ただし、今回の記事の内容は
女性と言い合える関係ができている時に
実行するようお願いします。

できていない関係で実行すると、
最悪の場合、
イタい男と女性に思われてしまいます。

 

付き合う前は連絡頻度が大切。LINEや電話で相手との距離を縮める。

LINEの普及に伴い、
昔よりも比較的スムーズに女性と連絡を取れるようになりました。

とはいえ、連絡の内容や頻度を誤ると、
次のステップには進めません。

 

彼女との距離をしっかり縮めるためにも、
付き合う前のLINE・電話の理想的な連絡頻度や内容をそれぞれチェックしていきましょう。

 

付き合う前のLINE、頻度や内容などの正解は?「3つのポイント」

 

「連絡=LINE」といっても過言ではない今の時代。

付き合う前の関係を築く上で、
LINEのやり取りは非常に重要なファクターとなります。

意中の女性と距離を近づけるためにも、
付き合う前のLINEにおける3つのポイントを確認しておきましょう。

 

付き合う前のLINEのポイント1. LINEは基本、毎日送っても大丈夫

 

LINEは基本的に、毎日送っても問題ありません。

話題や内容に困るなら、
毎朝「おはよう!」と軽めに送るだけでもOK。

但し、プライベートの時間が多い夜の方が返信率も上がるため、
朝におはようの挨拶を送り、
夜に具体的な内容や話題を投げかけるのが理想的と言えるでしょう。

 

付き合う前のLINEのポイント2. 脈ありサインをきちんと見極める

 

多くの男性が陥りがちなのが、
勝手に脈ありだと思いこんで撃沈すること。

 

例えば、“ハートの絵文字”は、
必ずしも好意的な意味とは限りません。

恥ずかしい勘違いを避けるためにも、
女性からの好意の有無は、しっかりと見極めましょう。

 

付き合う前のLINEのポイント3. 相手の連絡頻度に合わせて、自分も返信する

 

付き合う前の連絡頻度に、
男性なら誰もが頭を抱えるはず。

自分にとっては普通でも、
相手次第でしつこかったり、
素っ気なく受け取られたりします。

 

従って、相手のLINEやメールの頻度に合わせて返信するのが正解。

人によって頻度にバラつきがあるので、
そこは柔軟に対応しましょう。

 

付き合う前の電話、頻度や内容などの正解は?「3つのポイント」

 

LINEのやり取りが続くようになってきたら、
思い切って電話をかけてみるのも効果的。

付き合う前の電話の頻度や内容について
3つのポイントをご紹介するので、
しっかり目を通しておきましょう。

 

付き合う前の電話のポイント1. 電話をかける際、事前に連絡を入れておく

 

ノリの良い女性なら別ですが、
いきなり電話をかけると、
相手の女性が構えてしまう恐れがあります。

相手のタイミングもあるため、
電話をかける際は、
事前にLINEなどで一報いれておくとスムーズですよ。

 

付き合う前の電話のポイント2. 男性から電話をかけても大丈夫?

 

基本的にどちらから電話をかけても問題ありません。

ただ、要件のある方からかけるのが一般的です。

貴方が「電話したい!」と思うなら自分から、
相手が話がある場合は女性からかけてもらうようにしましょう。

 

付き合う前の電話のポイント3. 電話の内容は“相談”がベスト

 

電話で心配なのが、
会話が途切れて沈黙が続いてしまうこと。

だからこそ、初めての電話は
相談を口実にするのがベスト。

弱音をさらけ出すことで距離が縮まり、
会話もとぎれないため、
有意義な会話が楽しめます。

 

付き合う前、特に「初デート」の場合は誘い方に気を配る

連絡を頻繁に取るようになったら、
次はデートに誘いましょう。

 

有効な誘い方は「ダブルバインド」。

デートの約束をする際に非常に効果的な手法の一つです。

 

ダブルバインドとは、
「今週の土曜と日曜なら、どっち空いてる?」と
相手に二つの選択肢を与え、
デートに行かないという選択肢を無くすもの。

二者択一の状況を作ると、
相手は無意識にどちらか選ばないという状況になってくるため、
必然的にデートの確約率もアップします。

 

付き合う前のデートは、場所選びがとても重要

 

無事にデートに誘えたら、
実際に訪れる場所選びにも注力しましょう。

 

ここからは、
付き合う前のデートにおすすめの場所をご紹介します。

日頃から入念にリサーチを重ねて、
相手にあったデートをプロデュースしてあげましょう。

 

付き合う前はカフェや映画館、
水族館をオススメしています。

反対に、不向きな場所もチェックしておきましょう。

一見どれも人気スポットばかりなので、
くれぐれもご注意を。

 

付き合う前のデートには不向きな場所1. 海

 

付き合う前の段階で、
海へ二人で行くのは避けたほうが吉。

夏に行くなら水着姿を覚悟しますし、
冷え込む季節はただ寒いだけです。

素敵なスポットだからこそ、
きちんと交際してから訪れることをおすすめします。

 

付き合う前のデートには不向きな場所2. 遊園地

 

定番のデートスポット「遊園地」も
付き合う前のデートには不向きな場所と言えるでしょう。

基本的に待つ時間が多くなるため、
どうしても沈黙が続いたり、
イライラしたりしがち。

 

但し、スリリングな体験を共有することで、
吊り橋効果が見込めるため、
絶叫系を好む女性なら、
遊園地を選んでみるのも効果的ですよ。

 

付き合う前のデートには不向きな場所3. 自分の家

 

彼氏以外の男性に家へ招待されれば、
基本的に身構えてしまうもの。

人によっては「チャラい・軽い」と
ネガティブなイメージを抱かれてしまう恐れも。

なにか特別な理由がない限り、
付き合う前に家へ呼ぶのは控えましょう。

 

付き合う前のデートを成功に導く「5つの極意」

 

デートに誘い、行く場所もバッチリ。

そのフェーズまできたら、
あとは当日のデートを成功させるのみ。

実際にデートを成功率を5つの極意をピックアップしました。

しっかり心がけて、
デートを実りあるものにしましょう!

 

付き合う前のデートを成功させる極意1. デート前日に連絡をする

 

デートの前日に「明日楽しみだね!」と、
連絡をいれるだけでも相手の期待は大きく変化します。

また、きちんとリマインドすることで、
ドタキャンの確率も下がります。

少しでも楽しい時間を共有するためにも、
あらかじめ女性のテンションを上げておきましょう。

 

付き合う前のデートを成功させる極意2. 待ち合わせから、楽しい空気を醸し出す

 

待ち合わせの時間から、
すでにデートはスタートしています。

出会い頭の印象が良ければ、
貴方の好感度も必然的にアップするもの。

 

クールに装う男性も多いですが、
デートを楽しく過ごせるよう、
明るく笑顔で出迎えるようにしましょう。

 

付き合う前のデートを成功させる極意3. 会話のペースを相手に合わせる

 

おしゃべりが好きな女性は、
ひたすら聞き役に徹しましょう。

趣味や自慢話を引き出すと、
相手に楽しく話してもらえるはず。

反対に、物静かな女性は、
自分が会話をリードしましょう。

 

こちらも、
相手の興味関心が強いトークテーマを展開すること。

付き合う前の段階は、
どんなタイプの女性であれ、
話していて楽しいと思ってもらうことを、
念頭においてくださいね。

 

付き合う前のデートを成功させる極意4. 彼女の周りの友達ネットワークを駆使する

 

好きな人の周囲とも知り合いなら、
友達ネットワークを上手に活用しましょう。

相手の身近な人に相談することで、
限りなくベストなデートプランを練ることができるはず。

 

また、自分の素直な気持ちを周囲に伝えることで、
友達経由で貴方の本気度が彼女へ伝わります。

デートに限らず、
恋愛の成功率も上昇するため、
周囲の友人ともしっかり人脈を形成しておきましょう。

 

付き合う前のデートを成功させる極意5. 帰り際にキュンとさせる

 

デートの帰り際は、
名残惜しそうに相手を見送りましょう。

理想を言うなら、
彼女が見えなくなるギリギリまで見送れると◎。

健気な姿勢に女性も思わずキュンとするはず。

また、帰り際に次のデートを約束すると、
女性からすると本気度が伝わってドキドキするもの。

帰宅後も、お礼の連絡を入れて
気持ちが切れないようにケアしましょう。

 

付き合う前、つまり交際までのデート回数や間隔はどれくらいがベスト?

 

交際までに費やすデート回数や間隔は、
一体どれくらいがベストなのでしょう?

学生と社会人の2パターンに分けて、
詳しく解説していきます。

 

学生同士の場合は、週1回以上の頻度で会ってもOK

 

プライベートな時間が比較的とりやすい高校生・大学生は、
短い間隔でデートを重ねても問題ありません。

むしろ、多くの時間を共有できる方が、
関係も深まりやすいはず。

一緒に居ることが自然と増えてきたら、
交際を申し出る最適なタイミングと言えるでしょう。

 

社会人同士の場合は、2週間に1.2回の頻度がベスト

 

社会人同士のデート間隔は、
2週間に1.2回が理想。

毎週だと自分の時間が満足に取れず、
そのうち息苦しさを感じてしまうはず。

 

高校生・大学生に比べると
回数や頻度が減ってしまうため、
一回の時間を少しでも有意義に過ごすよう、デートの質を意識するようにしましょう。

 

何回目のデートで告白すべき?2回目?3回目?それとも4回目?

 

着実にデートを重ね、親しい関係を構築したら、
あとは告白して想いを伝えるのみ。

 

1回目のデートで告白する猛者も稀にいますが、
一般的には3回目が理想と言われています。

“三度目の正直”ではありませんが、
三回デートを重ねれば、
ある程度は相手のことを理解できるはず。

 

但し、あくまでの理想ですので、
心配な方は、
無理せず4回目以降のデートにシフトしましょう。

 

付き合う前のデートで「手をつなぐ」のはOK?

 

意外かもしれませんが、
付き合う前のデートで手をつなぐのはOKです。

相手の好意も確認できるし、
親密度を一気に上昇できます。

 

但し、「手をつないでいい?」と確認するのはNG。

あくまでも自然につなぐことが重要です。

タイミングも見計らって、
スマートに手を握りましょう。

 

付き合う前のデートでのキスは、場所やタイミングによる

 

付き合う前にキスは、
一歩間違えると
その後の関係に支障をきたす恐れがあります。

そうはいっても、
好きな人とデートをしていれば、
「キスしたい!」と思うのが男性心理。

そのため、付き合う前にもしキスをするのであれば、
タイミングと場所にしっかりと気を配るようにしましょう。

 

付き合う前にキスするときの、ベストなタイミングは?

 

ボディタッチやスキンシップを拒まないようであれば、
キスをしてもOKなタイミング。

また、キスをするならデートの終盤、
もしくは帰り際にするのがベスト。

 

最初にして失敗すると、
その後の空気が悪くなってしまうのでご注意を。

 

付き合う前にキスするときの、ベストな場所とは?

 

キスをするなら、
雰囲気のいい場所をセレクトしましょう。

関東なら、お台場や横浜などの夜景がきれいなスポット。

基本的にムードが良く、
人が少ない場所を選べば間違いないと言えるでしょう。

 

雑記

 

この前、不快な思いをしました。

渋○の東○百貨店の西館の9Fにある「ka○○ra CA○○&KITCHEN + P○○S」と言うお店ですが、
ここの店の店長らしき女性の「オオ○カ」がかなり横柄な態度をして、
かなり腹が立ちました。

 

僕は友人達とこの店で
待ち合わせをしたのですが、
遅れることになりました。

上記の店に向かい、
男性店員に予約した名前と人数を伝えました。

すると、男性店員は女性の店員に確認。

 

それがオ〇ツカです。

この女が出てきて、
予約した名前と人数で確認がとれないと、
かなり横柄な態度をして、
断りました。

 

予約した名前を僕が間違えたのかもしれないので、
それを伝え、店の中を確認をお願いし、
その際に友人とこの店で待ち合わせをする
LINEのやり取りをみせましたが、
頑なに拒否。

あまりにも威圧的で横柄な態度で
埒が明かなかったので、
一度、店を出て、
LINEで友人に確認しました。

 

どうやら、人数は合っていましたが、
予約した名前が違ったようです。

とりあえず、店に入りますが、
オオツ○からの謝罪の言葉もなしです。

 

あまりにも対応がヒドく、
あえて、店の名前等は伏せていますが、
今回、書くことにしました。

コメントをどうぞ