友達以上恋人未満の脈ありか脈なしか恋愛対象として、
好意があるのかどうかよくわからない関係は いくらでもあります。

 

このような時、
もし「この人ともっと親密な関係になりたい」 と思うのなら、
片思いをしてしまった方からきっかけを作るためにアクションを起こしていかなければいけない。

 

何でも言い合える友人から恋人になるには、
今までの関係を壊す覚悟が必要です。

 

・友達としての接点を常に持っておく

 

お互いに顔も合わせない、会話もしない、
メールやツイッターなどSNSでもまったく交流しない、
会う頻度が0という関係では進展のしようがありませんが、
何かしらで繋がりさえ持てていれば、いくらでもやりようがあります。

 

恋愛感情としての好意があることを伝えようと、
そうでなかろうと、このポジションにいれば、
アウトオブ眼中とはいわずとりあえずは認識して貰えます。

 

長期戦で関係を維持してじっくりと親密になっていく。

第一印象は好みのタイプでもなく最悪だったけど、
いつの間にかメール友達、飲み友達になり、
いつの間にか付き合ってしまっている。

 

これが最も友達から恋人へ進展する自然なパターンです。

そしてここからが肝心。

できれば悩み事を相談し合う関係になれることが理想的です。

 

相手の不満や不安なことを聞いてあげる、
そして理解して、肯定してあげる。

このやり取りがあるだけで信頼関係が生まれます。

 

そして長期戦ですが、
このように相手の悩みを聞いていると、
いつの間にか 「いるのが当たり前の存在」になっていて、
その気持ちが恋心へと変化していることがあります。

おここおこkk
好きな人が弱っている時に精神的に支えて味方になってくれる。

これだけで十分恋人に昇格するだけの資格は持てます。

 

・ストレートに好意を伝える

 

まどろっこしい恋愛の駆け引きの過程を全てすっとばして、
「好きです」と告白してしまう。

私はこれが一番効果的で使える心理テクニックだと思いますが、
恥やプライドを捨ててしまったからでしょうか。

 

男女共異性から愛の告白をされて、
嫌だと思う人は滅多にいません。

「女性から告白なんて無理」と思うかもしれませんが、
瞬間的に恥ずかしさに耐えるだけで喜びが得られます。

 

もしかしたら振られてしまうでしょう。

でも逆にオーケーされて付き合うことだってある。

そして何より重要なのが告白後から新たな関係が始まることです。

別に「好きです」なんていう直接的な表現でなくとも、
メールで「ちょっと気になってます」とか、
「彼氏や彼女いるんですか?」のような間接的で回りくどい言い方のアプローチでも十分です。

 

好意を伝えられた後に会うと、目がいつもより輝いていたり潤んでいたり、
ニヤニヤと嬉しそうな笑顔の表情で接してくれたり、
今までとは違ったコミュニケーションになります。

 

人は自分の好きな人を好きになる心理性質を持っているので、
好意を示すことはwinwinの関係で得しかありません。

もし、今の関係に行き詰まりや切なさ、
疲れを感じているなら勇気を持って 一歩踏み込んでみましょう。

何もせずウジウジとしているよりもよっぽど成功確率、
幸せになれる可能性は高いですよ。

 

・ニュースやイベント時に連絡する

 

人は何かしらのイベント毎やお祭りのようなことがある時、
意外と寂しい思いをしていることが多いです。

バレンタイン、クリスマス、夏休みや冬休み、
新年度で精神的にも不安定な4月、誕生日など。

 

また面白い話やニュースがあった時に話題を共有して、
共感したりちょくちょくコミュニケーションを取りましょう。

考えてみれば年がら年中メールや電話で話す口実は作れます。

 

誕生日におめでとうメールを送ったり、
プレゼントをしてみるなども効果的。

人は寂しい時や心細い時には恋人が欲しいと思っているし、
そのような 精神的にブルーで気分が落ち込んでいる時に、
手を差し伸べてくれる異性は素敵に見えてすぐ惚れてしまう傾向があります。

 

会社では忘年会や新年会、
普通に交流する宴会前にちょっと挨拶メールをするだけでも、
印象は大きく違います。

 

また、このようなイベント毎に一緒に参加する機会があれば、
相手の普段は見れないような意外性が知れて、
そのちょっとしたポイントにドキッと胸がときめいて好意が沸くことがあります。

 

自分だけの力でなく、周囲の流れ、
風水や占いではないですが、場の流れを味方に付けて、
自分の運気を高めるような感覚で、楽しいイベントを利用してみましょう。

 

男友達から彼氏になる方法

 

・友達候補から恋人候補へと認識してもらう

 

女脳の恋愛の仕方は男脳とは違い、
初めから関係性を一定の基準で箱ごとに振り分ける性質があります。

「知り合い」「友人」「恋人候補」という具合に分別されています。

 

そして、一度「友人」のボックスに自分が入れられてしまったら、
そこから、関係を発展させるには自分からきっかけを作って、
「恋人候補」へ格上げ されなければいけません。

 

例えば、恋愛対象として見られていない草食系男子が彼氏候補に昇格されるためには、
勇気を出してアプローチしたり男気や優しさをアピールする必要があります。

llllllllllllllllll
もっとも、手っ取り早いのがメールでも電話でも良いので、
告白してしまうことです。

告白された瞬間はあっさり振られて突き放され、
失恋しまうかもしれませんが、その後、女性の意識は変化します。

 

「友人」の箱に入れておくにはちょっと曖昧な関係になっているので、
「恋人候補」へと移動する可能性があります。

急な告白でなくても、デートに誘う、
軽く褒めたり口説いてみるなども有効な手段。

一度断られたぐらいで諦めずにある程度の回数押していると、
たまにはオーケーしちゃのが 女心です。

恋の駆け引きは男が少し行動でプッシュするぐらいで調度良いです。

 

・女性の本音や本心を引き出す

 

女性はどうでもいい男性に対しては、
自分の本当の姿を隠すという特徴があります。

逆に言えば、
彼氏や結婚している夫にだけ見せるような真実の姿を垣間見ることができれば、
二人の関係はかなり進展するということになります。

 

女性は「しゃべりたい生き物」なので、
男性は聞き上手になり、できるだけ気持ちよく会話できるように目を見つめて、
関心がある振りをしたりしっかり頷くなど相槌を打ったりしてお膳立てをしましょう。

 

女性の共通点として男性よりも普段から我慢していることが多く、
ストレスや鬱憤を抱えたまま生活しているので、
それを発散しなければ体調が悪くなってしまいます。

そのストレス解消の的としての役割こそが、
将来の彼氏に求められる素養です。

 

女性は自分の本当の気持ちを常に抑圧している。

だからこそ、素の自分を出せるような相手がいると、
特別意識してそれが恋愛感情になる。

 

ポイントは一言でも多く言葉を発させるということ。

できれば喜怒哀楽の感情をぶつけられる対象となればベストです。

 

女性は口を開くこと、
会話をすることが生き甲斐であり最高の趣味のようなものです。

自然体で力を抜いて気持ちよく会話できる彼氏は、
好きなタイプの理想像なんです。

 

そこに大人っぽくて余裕があり頼りになる、
という点が加われば、
女性を口説くという点に関しては鬼に金棒でしょう。

 

・既成事実を作る

 

これはチャンスがあれば一線を越えてしまう悪い方法で、
成功すれば丸く収まりますが、失敗すれば相手を傷つけて一生許されないかもしれません。

飲み会に誘って酔った勢いに任せて、
一人暮らしの家に一泊お泊りさせてしまう。

 

誰にでもおすすめできるわけではなく危険な行為ですが、
中には応じてくれる女性もいます。

いjjklmm

そして女性は男性よりも体の結びつきに対して、
強い思い入れがあります。

 

一度体の関係を持つと、男性よりも情が湧きやすく、
「これから頑張って付き合っていこう」 と思う確率が高い。

 

これは本能の心理に組み込まれているもので、
もし子供ができた時、パートナーがいなければ、
女性一人で食料を調達し子育てをしながらも、
外敵から身を守り安全を確保しなければいけなくなってしまう。

 

だから、無意識のうちに、
とりあえずは関係を繋ぎとめようとしてしまうのです。

友達から恋人への境界線をぶち破る、
恋愛心理テクニックを悪用した手段なので、
チョイワルどころか極ワルですね。

逆に言えば女性は、
体だけの関係にはならないように人柄で付き合う相手を選別して自己防衛をしましょう。

 

女友達から彼女になる方法

・時には弱さを見せる

 

男性には好きな人を守ってあげたい保護欲求があり、
ちょっとか弱い雰囲気の女性を見ると、
ドキッとしてついつい放って置けなくなってしまう。

甘え上手や、
男性に頼るのが上手い女性はモテる人が多い。

 

男性は元々女性のために働くのは苦にせず、
むしろ大変喜ばしいことであり、
進んで大変なことも引き受けます。

 

逆に自立していてなんでも、
完璧に自分でこなすサバサバ系のキャリアウーマンは敬遠されがちです。

まったく負担のかからない女性よりも、
「ちょっと迷惑かも」ぐらいの女性の方が、
恋愛対象として相応しいのです。

 

周囲を見渡してみても、
ちょっと天然でメンヘルな感じ、
いわゆるメンヘラっぽい女性は人気があります。

 

困ったことがあったら、
悩みを相談してみる。

お願い事をして何か仕事を任せてみるなど、
男性にもたれかからないと生きていけないぐらいのか弱い女性を演じて見ましょう。

最も簡単なのが、
恋愛相談や仕事の不満やストレスを口実に食事デートにでも 誘うことでしょう。

とにかく相手に甘えて、可愛がってもらうこと、
これができれば友達から恋人になることなんて容易いです。

 

・女としての魅力を高める

 

男性は単純で、
異性に対して求めるものは顔や容姿、見た目や体型、
スタイルなど の視覚情報、外見面であることが多い。

性的な目で見られないことにはなかなか彼女にしようとは思いません。

 

特に身体面、肉体面は思っているよりも重要で、
顔が不細工、ブスなど自信が無くても、
スタイルさえ整っていればそれだけで恋愛対象に入ります。

 

世の中にはデブ専なるものもいるので、
痩せていて細いことが正義なわけではないですが。

小柄でスリム、華奢な特徴を持っている女性はモテやすいです。

ただの女友達として見られるのは、
「抱きたい」と思わないからです。

年上の先輩や上司にからかわれたりちょっかいは出されるのに、
まったく食事やデートに誘われない年下の後輩や部下の女性は、割と多くいます。

 

ただの友達のままで良いのなら別ですが、
恋人へと進展させたいと思うのなら、
自分磨きをして女としての魅力を増やす必要があります。

 

表情、髪型、お化粧、服装やファッション、
しぐさや態度、振り舞い方など 女の隙やツヤっぽさを出せるようになれば、
恋人関係へと一歩近づけます。

会話にちょっと下ネタを加えてみるのもいい刺激になるかもしれません。

思い切って相手の好みのタイプや外見に合わせてアタックしてみるのもアリです。

 

・自分の事をどう思っているか聞く

 

男性は関係を曖昧にしたまま、
付き合いを継続させる傾向が割合多い。

恋愛に疎い草食系男子のような人には、
素直に気持ちを質問してみるとうまくいくことが多い。

別に重い話ではなく、
軽い気持ちで「私のことどう思ってる?」と聞いてしまえば良いのです。

 

また、手を繋ぐだけのスキンシップではなく、
キスやハグ、抱き合うなどの体の関係もある場合、
尚更どういう関係なのか女性側が尋ねておかなければいけない。

 

そこで残念な答えが返ってくるようなら、
思い切って 諦める、さっぱり思いを断ち切って見切りをつけた方が良いでしょう。

世の中には都合のいい女としてキープして、
道具のように利用する輩が中にはいます。

 

「好きだから仕方ない」という理由で、
ズルズルと惰性で付き合っていると、
長期間付き合ったことで傷がどんどん深くなり、
いずれ後悔、黒歴史になってしまいます。

 

特にそれが元カレ(元彼氏)だというケースが非常に数多くあります。

基本的にカップルを解消させる、
振るのは女性の役目です。

それなのに、男性側が振るというのは、
よっぽど相性が合わない理由があったと向こうが認識している。

男性は一度振った女性の場合、
追いかけられてもリアクションは薄く、
冷たい態度で接します。

最低限、嘘でもいいので、
愛の言葉を囁けないような男性だった場合はすぐに別れるべきでしょう。

 

将来的に継続的に付き合うことや結婚の望みのない人に、
時間を費やすことは他の異性に出会うはずの時間を使ってしまい、
多大な損失になります。

 

特に女性は都合のいい関係となりやすいので、
自分の価値を自ら下げてしまうような付き合い方をするのは控えましょう。