女の子と仲良くなり、心理的な距離を少しずつ縮めていく方法を教える。

これらは、LINEだけではなく、ありとあらゆるコミュニケーションの場で使えるものだ。

だから、普段の職場や学校などでも使ってみて欲しい。

そうすれば女性と仲良くなるのが簡単にできるようになる。

そのためのLINEで使える8つの恋愛テクニックを紹介していく。

8つのLINE恋愛心理テクニック

 

1. お互いのことを知る

あなたの今ある人間関係を思い出して欲しいのだが、相手のことを知っていればいるほどに、親近感があり、仲が良いと感じると思う。

「人というのは相手のことを知れば知るほどに、親しいと感じて安心感を覚える生き物」

防衛本能が人間には元々あるので、未知なものは本能的に恐れる傾向がある。

だから、相手に自分のことを教えて、あなたも相手に興味を持つ必要がある。

そのためには、自然な気持ちで相手に「質問」をして、もっと知りたいという気持ちを出すことだ。

そして、そういった相手に興味を示した上で、あなたの情報も女の子に教えていき、自然とあなたの魅力的な人間性も伝わっていくのだ。

2. 理解を示す

 

人間というものは、孤独感を感じる生き物であり、理解をされたいと常に思っている。

だから、友人や仲間を求める。

だいたい、集団というものは考え方が通じるものであり、共通言語も持っている。

例えば、漫画のワンピースのファン同士が話していたら、キャラクターの名前や必殺技の名前などの単語が出てくると思うが、ワンピースを知らない人と話をしても、ワンピースに関する深い話はできないだろう。

街中を見ても気づくと思うが、サラリーマンだと強制的に嫌いでも付き合わなくてはいけない人が出てくるので、見た目などからは判断しづらいが、学生とかの集団だとファッションや言葉遣い、考え方などが近い者同士で仲良くしているのに気づくはずだ。

先ほど話したように、相手のことを好きであるほどに「興味」を持って質問をすると思う。

それよりももう一歩踏み越えたコミュニケーションを取っていこう。

相手を「理解」して、それを相手に言葉や態度などから伝える必要がある。

相手からたくさん話を聞いて、その中から

「相手の人生において重要なこと」

を探し出して、その部分に対して、より深く理解をするための勉強をする。

これは俺がホストクラブで働いていた際に、女性を惚れさせるのが最も上手い先輩に教わったことだ。

彼は女性を奴隷のように言いなりにさせてしまうことができてしまう男だった。

例えば、相手がうつ病だったら、それに関する書籍を10冊ほど読んだり、インターネットのありとあらゆる情報を調べ尽くす。

そうすることで自然と相手に対する理解を示すことが可能になる。

相手のことを表面的に「わかるよ」というのではなく、本気で理解をしてあげようと努力をすることで、相手には誠意が伝わるのだ。そうすることで、相手はこんなに理解してくれるのは「この人しかいない」と思ってくれるようになる。

3. 一緒の感情を思い出として共有

 

これは一緒の思い出となるような、楽しい時間を過ごしたりして、「楽しい」「嬉しい」といった感情を共有することだ。

良い思い出とは「心地よい感情」が思い出されるからであり、嫌な思い出とは「不快な感情」が思い出されるから悪い思い出になる。

例えば、相手の女の子がサッカー好きで、あなたと女の子の2人とも楽しみにしていた日本代表の試合があったとする。

その次の日にでも、そのサッカーの興奮度合いをLINE上でもいいので、語り合えば、それは思い出の共有になり盛り上がるはずだ。

そして、「話が合う」「相性が良い」と相手女性は勝手に思ってくれるようになる。

女の子が失恋をしたばかりの時に、「オレも振られたときは食事もできなくて10キロ痩せたわ」みたいな話をすると共感してくれて、「失恋をしたときはあなたが話を聞いてくれた」という思い出が女の子の心に残る可能性がある。

女の子に「あなたという存在が一生残るような思い出」を一緒に作ると一気に仲良くなることができる。

だから、「サプライズのできる男」はモテるのだ。

4. 単純接触の原理(ザイアンス効果)

 

「会う回数など触れ合うことが多いほどに、好意を持つ」

という心理のことだ。職場などで一言も会話をしたことがない人でも、街ですれ違う他人よりもどちらかと言えば好きなはずだ。

これはザイアンスさんという人が、見つけた法則で、彼はある実験をした。

トルコ語を全く読めない実験者に、あるトルコ語で書かれた文章の中で「1回、2回、5回、10回、15回、25回」とそれぞれの単語を出現させた。

もちろん、被験者は単語を読めないので同じ単語が出ているかもわからないが、出現回数が多い単語を「好き」と応える人が多かったそうだ。

これは漢字、写真、音、匂いなどのあらゆるもので試しても、同じように接触する回数が多い程も好意を持った。

もしも、学生などで時間の持て余している女の子を相手にしている場合には、可能な限り接することが多いほどに、好意を持ってもらえる可能性が高くなる。

「相手の時間をあなたで制する」

これはホスト時代に教わったことの一つだ。あなたの存在を少しでも相手女性に植え付ける作戦になる。

5. 相手に興味を持つ

 

これは先ほどの「お互いのことを知る」でも話したが、相手への興味を持つことで、相手と距離は縮まる。

あなたのことを知ろうとする行動をしてくれれば嬉しいはずだ。

それと同じことを相手にもしてあげるのだ。

興味があるだけで、行動も態度も、言葉遣いも自然と変わる。

「心が変わるだけで全てが変わる」

興味から人間関係は始まるのだ。逆に、興味を一切持てない相手であれば、恋愛対象にはならない。

6. 興味を持ってもらう

 

興味を持ってもらって相手から距離を縮めてもらうのも効果的だ。

しかし、これはちょっと難易度は高い。方法としては

「1つ尊敬させるポイントを作る」

というもので、例えば、ビジュアル系バンドを好む女の子にあなたが「ビジュアル系バンド」をやっているとわかるとそれだけで強い興味を持ってくれるだろう。実際、彼女らの中には「バンドマン」というだけで抱かれても良いと思うくらい熱中している子もいる。

他にも、海外の仕事やボランティア活動をしている子に、あなたが「英語がペラペラ」ということがわかれば、それだけで好感度がグッとあがって、距離を縮めてこようと思うはずだ。

相手が興味を持つポイントが一つでもあると、それは強い武器になる。

7. 名前を呼ぶ

 

これはもの凄く簡単なものだが、意外に行わない人が多い。

相手の名前を言葉にして呼ぶというだけでも、相手は嬉しいもの。名前というものは、その人にとって特別なものなのだ。

あなたも、名前を呼んでくれる人と呼んでくれない人のどちらに好意を持つかというと名前を呼んでくれる人だと思う。

こういう積み重ねがあなたを自然にモテる男にしてくれるのだ。

「名前を呼ぶことで数多くの人間ではなく、一人の人間として認識された」

と思うようになる。ちなみに、できるだけ「下の名前」がベスト。

それが自然にできるようになると距離を縮めるのが楽になる。

下の名前は親しい友人や恋人などにしか呼ばれないものだからこそ、その呼び名を受け入れてくれた場合は、そういう風に相手も無意識に振る舞うようになるからだ。

8. 褒める

 

これも日本人は行わない風潮がある。褒めるということが自然にできるようになると、人間関係は良好になりやすい。

もちろん、嘘はいけないが、普段から相手の長所や好きな部分を見つけるということを意識してやっているとお互い違和感なく当たり前のようにできるようになっていく。

褒めるというのは見た目はもちろん、性格、ファッション、得意なこと、雰囲気、家柄、過去の実績、など何でも構わない。

単純に、「かわいい」と言ってあげるだけでも女の子は嬉しいものだ。

もちろん、美人と言われなれている人ならば、言われ飽きているだろうから、そういう人の見た目以外を褒めてあげれば良いのです。

そういう人のファッションを褒めてあげるのでも喜んでくれるものだ。

「その靴、かわいいね」

それだけで機嫌良くなってくれる。

今回紹介した恋愛心理テクニックはLINEに限らず、ありとあらゆるコミュニケーションの場で使うことができる。

一つ注意点を最後に挙げるとしたら、

「全ての恋愛テクニックは相手のために行う」

というものだ。相手を喜ばせてあげたり、楽しませてあげることを可能にするためのテクニックであり、それを継続していくことで「特別な存在」になることができるのだ。

こういうことを自然にできる男になるからこそ、彼女を作れるモテる男になることができるのだ。