「好きな女の子とlineで仲良くなって、デートに誘いたい」
「狙っている女の子とのLINEが盛り上がる方法はないかな」
「女の子とのlineでの話題が尽きてきたけど、なんか話題ないかな」

とあなたは悩み、打開策を探している最中かも知れない。

もしも、そうであるならば、この記事はあなたの救世主となってくれるだろう。

についてのLINEに関するノウハウをシェアしていくので、参考にして欲しい。

LINEで盛り上がる女の子との3つの鉄板の話題

 

LINEで女の子と会話をする際に、盛り上げる話題を紹介する。また、盛り上げる話題だけではなく、デートに繋げて、女性を惚れさせるための話題も一緒に取り上げていく。

どんな媒体での会話にしろ重要なのは「ポジティブな気持ち」に持っていってあげることだ。これは会話のキーポイントになるものなので常に意識して欲しい。

LINE話題1. 女の子が興味ある話題

 

コミュニケーションの基本は「自分が中心」ではなく「相手が中心」になる。

大体、他人と話していて不快になるときは「自分の都合」を相手中心になっているときだ。

漫画や映画などの物語で感動シーンは、基本的には「身体を張ったシーン」になるが、これは「自分の都合」を100%捨てて「相手の都合」のみを全力で考えているので感動を生むのだ。

人間は「自己犠牲」で感動を生む

 

これは映画だけではなく、現実でも同じなのだ。

大げさな話になったが、LINEの会話でも「相手が」興味を持っているもの、ハマっているもの、を話題にしてあげることが重要になる。

 

しかし、それは出会ったばかりの頃ではわからないケースがあるだろう。

知っていれば、それを話題にして、知識がなくても勉強をすればいいだけの話だ。

もしも、相手の興味を持つものがわからない場合は、一般的に興味を持ちそうな話題を振っていって推測していく。

「美容、占い、グルメ、恋愛、友人、漫画、映画、アニメ、ダイエットなど」

話題への反応だけではなく、ルックスや年代、持ち物などからも判断していくと当たる確率は高まる。

 

話題の振り方としては、例えば恋愛ならば、

男「職場って女の子少ないの?」
女「うん、少ないよ」
男「へー、ならモテるんじゃない?」
女「ぜんぜん、モテないよ〜。そっちは?」
男「モテたいわ(笑)でも、職場恋愛は嫌だよね」
のように連想ゲームのように繋げていくのがベターな流れになる。

グルメならば、こんな風に外食の話に持っていくこともできる。

男「1人暮らし?」
女「そうだよ〜」
男「なら、料理上手そうだね!」
女「うっ!自炊はしてません。。。」
男「外食派なんだ!家の近くで行きつけでもあるの?」
LINEだけではなく、対面の会話でも使えるスキルなので、応用を効かせてみて欲しい。

LINE話題2. 学校や職場の話題

 

「学校」や「職場」などの共通の場の話題は、女の子としてもイメージをしやすいので楽しく話をしやすいものだ。

男同士でも、面白い共通の友人などの話題は盛り上がると思う。

それと同じだ。共通する場や趣味、などの話題は鉄板ネタの一つになる

ただ、注意点としては悪口にならないようにして欲しい。

例えば、女の子も嫌っているような人の悪口であれば「そうだよね〜」と素直に思ってくれるだろうが、相手が尊敬する人の悪口を言ったら不快な思いをさせてしまうので注意が必要だ。

この辺りに関しては推測力が必要になる。女性が「そうだよね〜」「あるある!」と共感してくれるのがベストだ。

「先輩のカオリさんって、スカート短いよね!やっぱり足に自信あるのかな?」

みたいなようにソフトな内容の方が良い。

LINE話題3. リサーチするための話題

 

もう会話での盛り上がりやデートまでの繋ぎの会話として割り切ってしまい

「リサーチを目的とする」

というのも、非常に効果的だ。

例えば「休みの日ってなにしているの?」といった一つの質問からたくさんの情報を拾うことができる。

女「ゴロゴロしているかな」

と答えたとすれば、分析結果として、

「特に目立った趣味もなく、友達に誘われたら遊びに出るくらいで、極端な寂しがり屋ではない。
休みの日に誘えば、ある程度仲良くなれば、デートに応じてくれる可能性は高い。あと、家にいるときなら、電話をしても大丈夫そうだ」

といった風に一つの言葉から、様々な憶測が立つ。

こういう情報を集めていくことで、狙っている女性の生活リズムというものが見えてくる。

・それに応じた連絡する時間
・連絡頻度
・デートに誘う提案時間
・会話の話題
などが見えてくる。

ただ気をつけて欲しいのは、質問はした方が良いけれども、何回もしていると尋問されているように質問疲れをしてしまうものだ。

また、この方法のメリットとして、一つの質問からできるだけ多くの情報を得ることで「相手も話のわかる人」「理解してくれる人」という風に思ってくれるようになることだ。

まとめ. LINEの話題は情報戦

 

LINEでの話題は相手の心のツボを見つける情報戦である。

相手の求めていること、ライフスタイルなどを把握することで「LINEの話題」も掴めるようになる。

なぜLINEの話題が見つからないかと言えば

「相手のことを知らない」

という理由からだろう。

本当に親しい友人とはなにを話すかなんて考えないはずだ。

それは相手の求めることが無意識にわかるからだ。

相手のことがわかれば、相手が話したいこと、興味のあること、お互いの共通点などが見えてくるはずだ。

是非、相手に興味を持って、相手を知ることから始めて欲しい。