LINEで狙っている仲良くなりたい女の子から既読無視をされてしまったが、どのように対処をしていいのかわからないと悩んでいるかも知れない。

まずは既読無視をされた理由をはっきりさせないと対処法が立てようもない。

そこで今回は既読無視をされた場合に考えられる代表的な理由を紹介していく。

女の子からLINEで既読無視をされる6つの理由

女の子自身の生活の状況やあなたとの関係性などによって既読無視をされる様々な理由が考えられる。その中から主な6つの理由が挙げられる。

 

理由1. 忙しくて忘れている

 

仕事やバイト、学校などが忙しくて、なかなか返事が返せないという場合もあり、こういう女性はLINEの優先度が生活の中で低いと言える。しかし、もちろん好きな男相手であれば、疲れていたりしてもなんとしてでも返事をするので、好意レベルが低いのも原因だ。

LINEが既読無視で返事がなくても、こういう状態にある女性の場合は、返事を待つか、一週間程度でも既読無視が続いた後に「元気?」「生きてる?」と連絡でもすれば良いだろう。

 

理由2. 好意レベルが低い

 

これが既読無視を攻略する上で、最も重要な項目になる。女性の男性への好意レベルは

レベル0:興味がない
レベル1:嫌い
レベル2:友達としてなら有り
レベル3:好意はある。「いいなぁ」とは思っている
レベル4:好き。付き合っても良い

という段階にあり、優先的に連絡をくれる段階というのはレベル3以降であり、ここまで好意レベルが到達していないために、LINEの既読無視という状況におちいっていると判断できる。

もっとこの項目について学びたい場合は『女の落とし方』にて5段階の好意レベルに関して詳しく解説しているので参考にして欲しい。

 

理由3. 返事がしづらいLINE

 

基本的に人間というのは面倒臭がりであり、女性も同様だ。女の子によっては、好意のある男性相手ですら返事をするのが面倒だと思うものなので、友達やそれ以下の関係性の男性のLINEに返事はおっくうだと感じるのが普通だろう。

だからこそ、返事を少しでもしやすいカタチでLINEをする必要がある。返事がしやすいLINEとはどのようなものかと言うと

・疑問文で終わっているために、それに答えるだけで良い
・読みやすいように改行されている

・簡単な言葉の言い回し

といった考えなくても返事ができる文章のことだ。簡単に理解できて、それに答えるだけで良いというものだと楽に返事をすることができる。これを徹底させて欲しい。ただし、疑問系に関してはバランス良く使わないと尋問のようになってしまうので、自分で見返して2通から3通に一通など、女の子に合わせた内容にして欲しい。

 

1−4. 不快にさせている

 

相手女性に「なんか合わない」と相性が悪いと思われて不快にさせている可能性もある。

世の中で「相性」という言葉が恋愛シーンで多く語られているが、それは快感か、不快かどうかというものになる。

セックスの相性というのも、女性が気持ち良いか、そうではないかという話だけの話だ。これは会話などの普段のコミュニケーションも同様。

 

理由5. 他に好きな人ができた可能性

 

そこそこ女性からのLINEの反応も良かったのに、いきなり返事が遅くなり既読無視も増えたという場合は、その狙っている女性に特定の男性ができた可能性が出てくる。

その場合は、その好きな男性を最優先に返事をするだろうし、特定の男性以外とは連絡を取りたくないと考えるようになる。

こういった状況になってしまったときは、諦めるか、その男性と関係が崩れるのを待ち、そのチャンス時に再アタックを掛けるということになる。

恋愛はタイミングが非常に重要なのだ。

だからこそ、狙っている女の子と仲良くなるチャンスは逃さない目を養って欲しい。

でないとタイミングを逃して魅力的な女の子ほどライバルも多いので他の男に獲られてしまう。

 

理由6. 遊ばれている

 

恋愛の駆け引きとしてLINEの既読無視をされている可能性がある。

恋愛ノウハウにかぶれた女性の中にはこういったことをする意地悪な人も存在する。

こういったことをされている状況というのは、明らかにその女性から下に見られているということなので、LINEでの打開は難しい。

早い段階でデートでの対面コミュニケーションに持っていき、好意を勝ち取り、優位性を取り戻すことが最善の策と言える。