ナンパにおいてのトーク vs ルックス

声かけ具体例

何を言いたいかというと、
『同じトークを実践していても、成果に大きな差がでてくるのは、
トーク以外の要素が、ナンパ成功の決め手』ということです。

そして、そのトーク以外要素とは、
ルックスとファッションといった外見的な要素を指します。

<ケース1>について

ケース1で、5日連続で成果がゼロというのは、
トークをしようとしても、外見が平均よりも劣るため、
声をかけてもトークにつながらないことが、主な原因と考えられます。

つまり、ルックス・ファッションが悪ければ、
トークに入る前に、門前払いを喰ってしまうのです。

時々、ルックスやファッションが悪くても、
トークさえ上手ければ、
ナンパは成功するという情報を見かけますが、
ストリートナンパでは、
外見が悪ければ、トークにすらたどり着けないのが現実です。

<ケース2>について

ケース2で、遊び連れ出し率が、
90%を超えるとしましたが、
このレベルまでいけば、外見は、ほぼ問題ないでしょう。

ルックス・ファッションが平均以上であり、
かつ、初歩的なトークが一通りできれば、
ストリートに出る度、遊び連れ出しに成功することが可能となります。

ルックス・ファッションが向上し、
平均を超えるようになると、
女性の側でも、
ナンパを好意的に受け入れてくれる確率が高くなってくるからです。

その状態になってからこそ、
“トーク”という意味が出てくるのです。

つまり、トークを活かすには、
まずは外見が第一ということが言えます。

<ケース3>について

 ケース3では、
即・準即ゲット率が90%以上と書きましたが、
初歩的なトークをしていても、
経験を積み、モチベーションを高めていけば可能なレベルといえます。

つまり、トーク自体が、
初歩的であっても、
ルックスとファッションが良く、
場慣れしていれば、トークも、好印象に成りやすいのです。

単なる見た目だけでなく、
雰囲気なども女性に好感を持たれるようになると、
極端な話、つまらないことを言っても、
それすら面白いと思わせるようになってきます。

また、このレベルになると、
実際には、トークにも磨きがかかってくることがほとんどでしょう。

女性と何を話すかをパターン化でき、
また、アドリブも利かせることができ、
さらに、話す内容としては、流行ものから、
恋話まで一通りはソツなくこなせるはずです。

まとめ

以上で、トークとルックスのどちらが重要かについて検討しました。

要約すると、
『トークを活かすも殺すも、ルックス・ファッション次第』
ということです。

たしかに、ナンパ以外の日常生活では、
外見より内面が大切かもしれません。

しかし、ナンパという非日常的行為に関しては、
外見が最重視されるのが現実なのです。

ですから、まずは、外見から入るのが良いでしょう。

形から入ることが悪いことばかりとは限らないのですから。

ルックス・ファッションが良ければ、
ナンパが成功しやすく、
結果的には、トークの向上にもつながっていきます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ