ナンパで出会った女性の特徴を携帯に記録しよう!

連絡先交換の方法

ナンパに慣れてくると、
女性の携帯番号やメールアドレスを、
たくさん聞けるようになってきます。

上手くいけば、
一日に、10人以上から連絡先を聞けることもあるでしょう。

そのようになってくると、
誰が誰だかわからなくなってきます。

パーソナルデータに、
女性の特徴を記録

ナンパでは、女性の名字は聞かず、
下の名前を聞くことがほとんどです。

すると、よくある名前の女性だと、
登録してある同じ名前が、
複数あるようになって混乱する原因になります。

ですから、もし女性の携帯番号などを聞くことができたら、
忘れないうちに、メモリーのパーソナルデータに、
次の事項などを登録しましょう。

ナンパした日時
 
ナンパした場所
 
年齢
 
社会人か学生か
 
服装
 
反応の良さ
 
自分の好みだったか
 
 

このように登録し記録しておけば、
もし、半月やひと月後に、
その女性から連絡が来ても、
どの女性だったかを思い出すことができます。

<注意> あまりに露骨な表現だと、
彼女や女友達に携帯を見られた時に、
当然トラブルになります。

ですから、自分なりに、工夫するのが良いでしょう。

名前などを間違えないように注意する

決してやってはいけないことは、
その女性と、別にナンパした女性を間違えてしまうことです。

もし、自分を別の誰かと間違われたら、
それだけで冷めてしまうのに、
更に、あなたが、別の女性をもナンパしているということを、
自ら白状したことになってしまうからです。

女性の名前を取り違えるのだけは、
絶対に避けましょう。

ちなみに、これに関連して、
普通のデート中も女性の名前を
間違えないようにすることが大切です。

ふと気が緩んだときに、
違う女性の名前で呼んでしまう可能性があります。

この対策としては、
必要な時だけは名前で呼ぶが
普段はあまり名前で呼ばないようにする方法などが考えられます。

いずれにせよ、
名前を間違えたらアウトですので、
細心の注意を払いましょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ