「起承転結」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 おそらく、小学生、あるいは中学生の時に、
国語の時間で習ったことがあると思います。

主に、小説や物語において、
この「起承転結」を意識するようにと習ったはずです。

これは、国語の時間に限ったことではなく、
“ストーリー性”を持つものすべてに欠かせない要素になっています。

漫画からハリウッド映画まで、
この「起承転結」を意識していると言っていいでしょう。

そして、“ストーリー性”を持つものとして、
「ナンパ」もまた同様に、
この「起承転結」を意識せざるを得ないものとなっています。

単純に、ナンパに当てはめるとこうなります。

起・・・声かけ

承・・・遊び連出し

転・・・口説き・ぎらつき

結・・・セックス

この「起承転結」という各段階が充実し、
かつ、一連の流れがスムーズにいけばいくほど、
ナンパの成功率は高くなります。

ナンパというものを、
一種のストーリー・物語として演出・脚本し、
ドラマとして女性に提示して楽しませるわけです。

ポイントは、

1.起承転結の各要素の演出を充実させる 

2.各段階をスムーズに移行するということです。

1.起承転結の各要素を“充実”させる

これは、“結”であるセックスに至るには、
それまでの“起→承→転”どの段階においても、
女性の期待に反しないレベルが必要であることを意味しています。

声かけの段階でつまずくようだと、
当然、それより先には進めません。

また、連出して遊びで盛り上がったとしても、
口説くのが下手では、セックスまで辿りつけないでしょう。

ですから、起承転結のどの段階も
充実させることが大切です。

充実させるには、
各段階での演出を高めることが効果的です。

2.起承転結の移行を“スムーズ”にする

これは、各段階の流れが良くないと、
最後まで辿り着けないということです。

たとえば、「遊び連出し」が上手くいっていても、
「ぎらつく」タイミングを間違えると、
セックスまでいけないということを意味しています。

女性の方でも、ナンパされたからには、
そのナンパがどういう展開になるのか、
内心、興味があるわけです。

ですから、その女性が考えるナンパの進行のイメージに
反しないようにするのです。

そして、ナンパの演出力・脚本力が高ければ高いほど、
自分のペースに持ち込み、
各段階をスムーズに展開することができます。

つまり、女性の期待に反せず、
かつ、自分のペースに持ち込むように演出して、
ストーリー・シナリオ(起承転結)をスムーズに展開し、
最後まで辿り着くようにするわけです。

この「起承転結」と「ナンパ」の関係は、
意識するのと意識しないのでは、
大きな差がでることになります。

ナンパを楽しいストーリー・物語として
女性と作り上げていけば、
お互いが満足できる意義ある出会いになるでしょう。