返金方法に関してですが、
やはり、それの弁護士に
頼んだほうが一番です。
しかも、電話対応のみで
済むところです。

ただし、ここで勘違いしている人に
言いたいのですが、
親切を売りにしているわりには
業者の人の大半の人が
「他人事」です。

むしろ、「騙されたお前が悪い」
的な感じの対応をしてきます。

多少、イヤな思いをするかもしれませんが、
ここは素直に対応を受け入れるのが一番です。

調査料を払わないと
返金してくれません。

成功報酬と言いつつ
いくらか払わないといけません。

「お金がないです」
と言っても、
「当社での依頼はムリですね」
と言って終わりです。

たしかに調査料を払わないと
業者側も行動できないのは
分かりますが、
もうちょっと言い方を考えてほしい
感じです。

警察や国民消費者センターに
相談してもムダです。
これらも「他人事」です。

残念なことにこういう対応を取って
いる以上、詐欺はなくなりません。

ある意味、学校のいじめに似ています。
詐欺に関しての話をしたので
闇金の話をしたいと思います。

みなさんは闇金を聞いたこと
があると思います。

ところでみなさんは闇金の融資を受けるには
どうすればいいか知っていますか?

検索ワードに
「審査なし融資」「ブラックOK融資」
などとにかく切羽詰った人が
融資に関して検索しそうなワードに
闇金のホームページがあります。

ただ、闇金のホームページは
自ら「闇金です」というような
ホームページではありません。

相談フォームみたいな形です。
まず、住所と名前と電話番号を
入力するところがあります。

主に「あなたが融資できるように
できるだけ協力します。」
といった感じで入力させようとします。

当然、入力した電話番号には
見覚えのない電話番号が
どんどんかかってきます。

だいたい市外局番や携帯電話番号に
かかってきます。

また、携帯のCメールからも
融資の誘いもきます。
担当の名前が出てきますが
全て偽名です。

住所にはダイレクトメールがどんどん
届いてきます。
ダイレクトメールの内容は
「50万即日融資確定」
「他社の一括引き受けます」
「融資なし」
など甘い言葉で電話させようとします。

しかもその業者の名前は
聞いたことがない業者です。

名前は有名銀行に似た名前などあります。

ちなみにホームページの中には
QRコードで誘導するものもあります
ので気をつけましょう。

もちろん、業者の名前も先ほど
述べたとおりです。

まず、闇金の融資ですが、
闇金から希望の融資額を借りられることは
まずありえません。

闇金は法律に違反した融資を設定するため
闇金もお金が返ってこなかったら終わりです。

まず、闇金の融資ですが、
信用実績ということで
少額の融資をさせます。

だいたい5000~10000円から
融資して、
10日後に返済させます。
これが「といち」です。

また、審査を有利にするために
携帯電話(スマートフォン、アイフォン、アイパッドなど)
を作ってくださいといわれます。

その作った携帯電話を業者に送って、
10000円前後で買い取られます。

携帯一台送って、
買い取ってしまったとしても、

明らかにこちらは50000円近く
損してます。

ふつうに考えればわかるのですが、
切羽詰った人は冷静な判断ができません。

だいたい分割払い
をすると思うのですが、
分割払いを辞めると
携帯会社が弁護士を通して、
訴えてきます。

その弁護士にいくら
説明してもムダです。

弁護士も他人事なので
いくら説明してもムダです。

しかも、下手をすれば
もともと使っていた
自分の名義の携帯を
止められる可能性があります。

ちなみに闇金業者が
自分の携帯から融資の電話をしません。

闇金業者はこうやって携帯電話を入手
しているのです。

しかも、その携帯はオレオレ詐欺など
詐欺関連にも使われます。

もちろん、携帯電話を業者に送った
詐欺に加担したことになります。

騙されたうえに詐欺に加担してしまう
という最悪のパターンです。

闇金の返済の支払い先は
個人名義が大半です。

これはもちろん、
架空口座です。

奴らは架空口座をどうやって入手
しているのかというと
闇金の中には口座を
売ってほしいという
ところもあります。

そうやって、入手するのです。

自分の口座を他人が使うことは
法律で禁止されていますし、
闇金に協力してしまったため
口座を作ることができません。

警察が直接くることはありませんが、
警察のリストに載ってしまいます。

警察もメンドウなことはしたくないので。

闇金も審査というかたちで
住所や勤め先も聞いてきます。

これはなぜかというと
脅しの道具に使うためです。

闇金の延滞利息は膨大なものです。

支払いを拒むと、
勤め先や住所、実家、近所の人
に嫌がられせの電話をします。

しかも、留守電や携帯のCメールから
嫌がらせのメッセージが届きます。

勤め先にかけられれば、
大半の人がクビです。

会社の電話対応する人は
女性が多いと思いますが、
その女性に対して、
「ババア」といいます。

さらに出前などありえない量を
注文をします。

届出先はもちろん、
こちらの住所です。

基本的に闇金から受けた融資は
返さなくてもいいです。

闇金に至っては警察も積極的なので
警察に相談したほうが一番です。

詐欺会社もそうですが、
闇金のやってることは
小学校の低学年レベルです。さて、今回も詐欺関連の記事です。

みなさんはクレジットカードの現金化
を行う業者はご存知ですか?

池袋でもデカデカ看板があります。

新宿でも看板を
持った兄ちゃんがいます。

そもそもクレジットカードの現金化とは
何かというと

クレジットカードのショッピング枠を
業者を介して、
現金にしてもらうことです。

業者はショッピング枠の
限度額ギリギリ
中から商品を購入します。

これはクレジットカードの
規約に違反しています。

買った商品をすぐに現金にするのは
違法です。

しかも、当然違法の業者ですから
100%の還元なんてありえません。

だいたい65%です。

65%というと
高い感じがしますが
これが罠です。

10万円の場合、
6万5千円です。

合法な金融業者から
この額を借りた場合
明らかに利子の面で見ても
クレジットカードの現金化業者は
詐欺に近いです。

というよりも、
闇金業者より
タチが悪いです。

ひどい業者は現金すら
振り込んでくれません。

現金化を行うと
自己破産が認められません。

相談相手の弁護士が
悪いとこちらが詐欺罪で
捕まります。

ちなみに詐欺業者も勧めてきます。

なので、クレジットカードの
現金化は絶対に利用しないでください。


「リアルビジネス50」という
教材です。

著者はホリエモンの左腕である
渡邊健太郎さんです。

ホリエモンは知っているけど、
渡邊さんは知らない人のほうが
多いと思います。

50の中から自分に合った
ビジネスを選び、
毎月10万円以上の副収入
を得るという教材ですが、
はっきりいってムリがありました。

当然、リアルビジネスである訳ですから
専門としている業者もあるわけです。

インターネットで
ホームページを作っても
専門業者に勝てるわけがありません。

集客をするにしても、
自分の近所の人達や
知り合いからでないと
いけませんが、
変人扱いされるだけです。

中には無理難題のものも
あります。

また、ビジネスの中には
「こちら亀有公園前派出所」
や「ホンマでっかTV!?」
にも出ていた内容がありました。

購入者用のホームページを
見てみると
簡単にお金が入ってくる
イメージがありますが
ぜんぜんそんなことはないので
気をつけてください。