様々な方法がありますが、
重要なことは慣れです。

頭で理解するのと
現実の上で体験するのとは違っております。

 

特に情報化社会と言われている今、
頭に入れるだけであれば
誰でも出来てしまいます。

にも関わらず、
モテる男とモテない男がいるのは、
「実践出来るかどうか」の違いですよね。

 

この違いなのです。

モテる男性は
「こうすればモテる」と考えているのではなく、
自然に出来るという点も大きいです。

 

それにしても
慣れがあるからこそとも言えるでしょう。

モテる男性とモテない男性が
二極化されてしまっている背景に、
モテる男性はモテるがために、
女性と話す機会が見られ触れていると言えます。

 

二極化の要因でもあります

 

一回一回経験値が高まっていくのですが、
モテない男性は
機会があっても
結局ダメになってしまいますので
経験値にならないのです。

 

そして次が無いから、
終いに経験値の差が広まっていってしまうのです。

このズレを埋めるためには
どうすれば良いのか。

 

それは「慣れ」なのですから
実際に女の子と話すのがオーケーですが、
まずできないからたどたどしいのです。

ですからせめて
練習くらいはした方が良いでしょうが、
練習であっても
どのような方法があるのでしょう。

 

実は身近に良い練習相手がいます。

それは「母親」です。

念のために母親も女性です。

 

話し好きなのは痛いほどに
実感しているのではないでしょうか。

母親と比べれば
ピリピリするような人もいないでしょう。

母親の存在は
実は良い練習台になります。

 

そこで母親相手に「相槌」、
そして「聞き役に回る」練習をしてみると良いでしょう。

姉妹がいるとそれがベストなのですが、
姉妹が居ない男性もいるでしょうから、
母親しかいません。

お金を使っても良いと思っているのであれば
キャバクラなども良いでしょう。

 

キャバクラの場合綺麗な女性が回りに来ますから
練習どころではなくなってしまうでしょう。

とにかく「自分の話はしない」、
「相槌と突っ込みだけで相手に喋らせ続ける」を
意識する事が重要です。

 

今までとモテる男性が
「女相手には『本当に?』『うそ?』
『信じられない!』の三言だけで会話が成り立つ」と
吹きまくっていたんだけど、
実は決して大袈裟でもハッタリでもなく、
本当のことなのです。

 

実際この三つの言葉、
どれも一緒のようなものです。

かつ、この三つの言葉だけで
実際女性との会話は良い結果に終わるものです。

 

肉親の女性相手に
この三つだけで会話をしてみてはどうでしょう。

言葉は三つでも表情や
イントネーションを変更すれば何種類にもなるので、
その事も踏まえてみましょう。