会話のイロハ、
それはとにかく相手を喋らせることなので、
相手が話し続けるには必要なことがあります。

それは「安心感」です。

 

まず第一にこの安心感には
色んな種類があるのです。

まずは「喋り続けても良いのか」という思いを持つ
女性もたくさんありますの方より、
そうするために「それで?」なんて、
話し続ける事を良くするような相槌が問われます。

 

「そうなの?」
「え、じゃあその後は?」と言われるような相槌は
「もっと喋って」という事です。

 

そのため、喋り続ける事に対しての
罪悪感がなくなる、
つまりは安心して喋る事が出来ますよね。

そして「共有してくれるか」という危険性もあります。

 

共有感も不可欠です

 

自分の思いを理解してくれるのか。

意見が食い違って
口げんかが生じたり
険しいムードにならないか。

 

そういったことを恐れている女性もたくさんいますから、
スムーズに話してもらうためには
「その話解る」というスタンスが大切です。

 

「なるほどね」といった相槌も良いのですが、
「あーそれ解る」といったように、
まっすぐに「解っている」事を伝えるのが
一番良いわけです。

 

「なるほど」の時、
そこから反論になると考えられます。

解ってくれると、
その際にもそのまま話を続けても
良いという安心感が芽生えますので、
相手は喋り続てくれるでしょう。

 

ですが時に相槌を打てない時もあるでしょう。

実はそこで会話術が出ます。

それは反論の仕方です。

「それって違うよ」という感じのムードで
伝えることはNGです。

 

相手を尊重するような反論、
例えば「それって〇〇さん的にどうなの?」と言ったように、
むやみに反論するという事はせず、
反論したら
「納得させてもらう」という視点でいる事が求められます。

 

「それは違う」ではなく、
「え?そうなの?真相を教えてよ」といった視点が良いという訳です。

そして次に喋らせて納得する事で、
「この人は自分が喋れば納得してくれる」という
安心感を植えつける事も可能となります。

 

ということで、
話しが盛り上がる直前に一度軽く
ジャブを入れてみるのも良いでしょう。

 

安心感を与えましょう

 

安心感を与える事で
より会話が盛り上がる事になるでしょう。

会話もリズムがあります。

相手も同じリズムでは飽きてしまうでしょう。

 

ですから、
時に違うリズムにするのは
衝撃を与えてもらえるが、
刺激の後には必ず安心感を与えなければなりません。

 

その方法が「敢えて反論して納得する」が
とても効果的なのです。

安心感が上乗せされるのみならず
「この人は解ってくれる」という
新しい安心感まで与えられますから。