女性との会話の時、
女性に喋らせることが王道です。

自分話なんかするよりも、
相手に話をさせておく方が様々な意味で王道です。

 

その際、女性に話をさせるという事は、
女性が話をしやすい雰囲気を作る事と、
女性が話をしても
不思議ではないケースを作る事が求められます。

 

誰もが芸人根性丸出しな訳ではないのですから、
話を振られてもいないのに
いきなりあれこれと喋りだす訳ではありません。

 

特に女性の場合、
本当は話したいけど、
誰にも問われてないし、
聞かれてもいないというのに話すのは…と
思っている人が多いのです。

ですがそれなら話しは早いですね。

 

聞かれていない、
尋ねられていないから話せないのですから、
聞いたり尋ねれば良い、
ただそれだけです。

だけれど
これもただ思いつきで質問することじゃなく、
相手に「もっと喋っていいんだ」と思わせるような質問や相槌。

これが求められるのです。

 

相槌も大切な「会話術」です

 

相槌においては
難しいものじゃないのです。

やはり気を付けるのは
「会話を続ける」と思います。

 

もっと言うと「相手に続けさせる」ですから、
「そうなんだ」ではなく、
「そうなの?」といったように、
疑問系の相槌が求めらます。

 

「そうなんだ」
「凄いね」といったような相槌の場合、
そこで会話を終えてしまう可能性がとても高いです。

相手としても、
その後自分が話して良いのか
解らないでしょう。

だからこそ、相槌は
必ず「相手が喋り続けやすい相槌」に
気を付ける方がいいでしょう。

 

質問はそれなりにセンスが出ます。

まずは嫌悪にならないよう心掛ける事。

怒らせてしまったら元も子もありません。

 

相手を楽しい気持ちにさせるために
話してもらうのですから、
怒らせてしまっては台無しです。

怒らせてしまっては
結果が期待できませんので怒らせず、
さらには「自分に教えて欲しい」といったスタンスが求められます。

 

「そうだっけ?」というよりも
「どうなの?」といった具合にです。

 

例えばニュースにしても
「昨日のニュース知ってる?」ではなく、
「昨日のニュースってどんなのだっけ?」といったように、
相手が「YES」「NO」で済ませる事が
出来てしまうような質問の仕方ではなく、
いわゆる「5W1H」な質問方法が求められるのです。

何をしたのか、
どこに行ったのかといったように、
とにかく話をさせる事です。

 

自分自身の興味など
大したことではないと言えます。

 

大切なことは
「相手を喋らせる」という点なのですから、
興味云々ではなく、
「相手を喋らせる」点を重視して
考えることが出来ると会話が溢れ続けると言えます。