女性を惚れさせるにはまず口説くのことを止める!?

恋愛テクニック

あなたが意中の女性を口説こうとすればするほど、
女性の気持ちは遠ざかってしまうわけです。

 

「自分では上手にアピールできているはずなのに……」

これはなぜでしょう?

女性は男性からはっきりした下心、
性的な視線で見られると嫌な気持ちになる。

たったこれだけのことです。

口説こうとする態度。

 

会話は
「僕はあなたに性的な魅力を感じていますよ」
「僕はこういう魅力的な男性だから付き合ってください」という
売り込みでもないですし、
単に女性を口説くための方法ではないかと思われます。

 

会話はお互いのことをよく知るための
コミュニケーションツールであることを
新しく認識すると良いでしょう。

口説かない男性がモテる女性に対して
自分のことをアピールする男性。

 

「俺は上手く口説けた!」ということでいても、
相手からは「自慢ばかりする面倒な男性」としか
目にすることができていません。

たとえば、あなたが
女性になったときのことを想像してみて下さい。

 

あるいは、男性同士の会話でも構いません。

自分の魅力ばかりアピールする人の会話は
「相手を楽しませる意識」が低く、
聞いていて飽き飽きしてしまいませんか?

 

相槌も「そうなんだ」
「すごいね」としか言えず、
ただただ相手の一人舞台。

「うわ、退屈だな」と思ったあなた。

でも、女性相手に「口説いているつもり」で
自慢話を仕掛けているあなた。

女性からは同じように思われていますよ。

 

本当の意味での口説ける男性

 

しかし、世の中にはナ○パや
合コンでどんどん「お持ち帰り」をしている男性が居ます。

これはなぜでしょうか。

 

よく探ってみれば
意外にも彼らは自己アピールをしない。

もちろん、最下限のやり取りで
「楽しいかも」と女性に思わせられる、
会話のきっかけを掴むテクニックを持っていることは
言うまでもありません。

 

また、車から声を掛ける時は
ちょっと高そうで派手な車から
声を掛けると成功率が上がる、など、
テクニックだけでなくステータスも有効なのですが。

 

しかし、ナ○パの声掛けは
「お茶でもどう?」という誘い文句。

これがモテない男性のイメージするナ○パでしょう。

これは間違いです。

 

実際には
「そのバッグ可愛いね」
「その洋服オシャレだね」など、
女性に応じてそのパターンは毎回変わります。

歩いている女性が
「興味を持って!」と微弱なサインを送っている部分に
声を掛けることが出来れば
ナ○パは成功しやすいのです。

 

つまり、本当に成功する「口説く」とは
女性の興味を持っている部分に対して
的確にレスポンスを返してあげること。

 

もし、あなたが女性に対する観察力に優れているのであれば
早速スタートしてみるといいです。

そればかりでも
口説ける確率は大きな変化を起こしてきます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ