男女においての違いは
思考や言葉の受け取り方などあらゆる所に出てきます。

モテない男性には女性との会話経験が少ないから
どういった話題を選べばよいか判断できなかったり、
男女差を気にせずに
会話してしまったりという場合が存在します。

 

女性に言ってはいけない言葉。

 

これをわからずに会話を行う男性は
ぜったいにモテません。

 

態度には表わさなくても、
女性はあなたの事を「デリカシーの無い」
「女性の気持ちが分からない」と
自分から離れていくのです。

 

言ってはいけない言葉とは?

 

女性に発してはいけない言葉。

ザックリ分けると3つに分けることが出来ます。

では、女性を傷つけ、
遠ざけてしまう3つの「言ってはいけない」をご紹介します。

 

1.「女のくせに、女だから」

2.「顔や身体が大きい。太い(太った)。毛深い」

3.「(主に公共の場で)下ネタを発する」

 

これらは全て配慮が無い男性や
見下すような男性が無意識のうちに使ってしまう言葉。

 

自分では非が無いつもりなのに、
なぜか女性に怒られたり
泣かれたりする男性は気をつけたいところです。

 

ここからは「言ってはいけない」を
各項目に分けてしばし詳しくみてみましょう女であることを
理由にしない未だにディベート(議論・討議)の席で
「女性は非論理的である」と言う高齢の有識者が居るようです。

 

若い世代では
比較的男女平等という意識や考え方が浸透していますが、
それでも性差を理由に攻撃(口撃)する男性も中には居ます。

「論理よりも情緒で物を考える女性が多い」と
される捉え方があると言えます。

 

確かに女性は脳科学的に言うと
左脳と右脳をつなぐバイパスが男性よりも
太い傾向にあるというデータが出ております。

情緒的という考えはある点において
否定しきれるものじゃないのです。

 

これ以外に昔の日本には
「女性は学問をせず家事や育児をすればよい」という考え方がありました。

こういった認識や
習慣が男尊女卑という考え方を生み出していたそうです。

しかし、女性も1人の人間。

 

世の中には女性弁護士や女性キャスター、
女性科学者や女医も多く
「男だから優れている(女だから劣っている)」という価値観は
間違っていることは明白。

 

もしあなたが「男尊女卑」の考えが強いのであれば
「女性だから」と卑下する発言は控えましょう。

身体のコンプレックスに触れない女性は
「小柄で華奢な方が美しい」と思うもの。

 

男性の中には
「ぽっちゃり好き」や
「ブス専」と呼ばれる人も居るのでしょう。

しかし、ダイエットは
女性の基本と思われるくらい女性は
「大きい(太い)」と思われることに抵抗があります。

 

もちろん、小顔が良しとされる風潮にあるため
「顔が大きい」という言葉もダメ。

絶対に言ってはいけない言葉に入るでしょう。

 

似合う洋服が限られたり
小さい頃はバカにされたりと、
コンプレックスを招いている可能性も高いのです。

デリカシーのある男性はこうした言葉は使いません。

もし、あなたが無意識のうちに
これらの言葉を使っているのであれば
意識して改善しましょう。

 

下ネタは厳禁

 

これは社会人としてのマナーでしょう。

男性同士のプライベートな場など、
限られた場では
下ネタが効果的というケースもあります。

 

しかし、通常は言ってはいけない言葉です。

女性は「公共の場」や
「他人の視線」を非常に気にかけます。

根本的な下ネタではないと思う男性も居るでしょう。

 

しかし、公共の場で
女性を性的な存在として
認識した発言をするのは
やはり見ていても快いものじゃありません。

 

「言ってはいけない」言葉のせいで、
あなたは褒めたつもりでも
女性は酷い状態になっています。