女性と会話するチャンスが増えてくると
愚痴や悩みを聞くことが多くなると感じます。

相談されたあなたはきっと
「彼女の悩みに力になってあげたい!」と
思うに違いない。

 

積極的に解決に向けたアドバイスをしようと
彼女に提案すると思われます。

しかし、愚痴や悩み相談をする女性に
アドバイスをする。

 

これについては
モテない男性の行動です。

確かに、女性が
解決できる悩みは解消したいでしょう。

しかし、あなたからのアドバイス。

聞いているうちに女性は
嫌気が差してしまいます。

 

共感するにはとにかく相槌を打とう

 

ここで、モテる心理学の目で
女性の愚痴・悩み相談の会話を
ひも解いていくことにします。

男性は心配事に対して
「解決すること」を求めます。

 

しかし、女性は悩みに対して
「人に話すこと」を求めます。

もう、お気づきではありませんか?

 

女性は男性に悩みを
「解決してほしい」わけにはいきません。

ある意味で女性は愚痴や悩みを話すことで
悩みが解決していることと思います。

 

愚痴や悩みのみならず、
どんな会話でも共感が必要なのです。

つまり、相手の話を聞くこと。

「うん」「そうだね」と
女性に共感するような相槌を
適切なタイミングで打つことを狙いましょう。

「共感すること」これがポイントです。

 

共感する話し方で
もう一歩踏み出そう共感することが
モテる男性にはとても大切。

 

でも、モテる心理学を取り込めば
共感するだけではなく、
もう一歩工夫するだけで
もっとモテる男性になります。

女性に共感することはとても大切。

 

しかし、共感するだけでは
「自分の意見が無い男性」
「イエスマン」と思われる可能性もあります。

そうならないためには
自分の意見を話すことが大切。

 

「でも、女性の話に
共感できない男性はモテないのでは?」

いえいえ、話し方を
工夫すれば大丈夫。

共感して、
さらにその話に提案してあげる。

「うんうん。分かる分かる。
じゃあもっとこうしたら効果的だね」

このように話してみてください。

 

女性は
「私の話を分かってくれるうえに、
親身になって相談してくれる男性」と思うと感じます。

 

デキる営業マンも共感で
売り上げを上げている
「デキる営業マンはモテる」という話を
聞いたことがある方もいるでしょう。

彼らは営業をする時、
お客さんの話をじっくり聞きます。

お客さんの話に共感し続けて
最後に「解決するためには
この商品が良いですよ」と売り込むのです。

恋愛も営業と同じ。

 

モテる男性は共感しつづけ
最後に「自分」を売り込んでいるのです。

もし、あなたが
「営業は出来るのに
恋愛は上手くいかない」と困っているとしたら
自分を売り込んでみるという心構えで
女性とお話しましょう。