女性を落とす心理テクニックとは!?

女性心理

根っからモテる男性という人は少ないと言えます。

おおかたの男性は
恋愛で失敗したり
成功したりを繰り返すうち、
だんだんと恋愛の方法を学習していくものになります。

 

今の時代に出ている恋愛マニュアルや
デート指南は恋愛のノウハウをパイオニアたちの知識の集合です。

そのほとんど女性の心を掴むことを目指すもの。

 

その結果、
女性の心理について学術的に、
あるいはナ○パやデートにすえて
研究したものになります。

 

「恋愛マニュアルを読んで
実践して見たけど効果が無かった!」と
悔やむ方がたまにいます。

 

しかし、これは当たり前のこと。

心理学は統計学的な傾向が高く、
どんな人でも有効となるものではないのです。

 

また、タイミングに伴い
女性の心を掴む心理学が裏目になってしまうかもしれません。

 

モテる心理学の使い方

 

確実に女性のハートをキャッチするモテる心理学の使い方。

まずは意識しましょう。

 

繰り返し女性とデートして
心理学を使えるタイミングを観察すること。

ミスしてもいいんです。

経験があなたをモテる男性へと育てて行きます。

 

モテる心理学は使うタイミングが命。

判断を誤ると女性の評価を落としかねません。

 

「KY(空気が読めない)」
「チャラい」と思われると言えそうです。

また、こういうモテ心理について
詳しい女性は
「本で読んだな」と思う可能性もあります。

 

これでは、女性を落とすどころではないです。

モテ心理はさりげなく。

 

しかも、良いタイミングで
使う事が大切なのです。

まずは女性の話を
「聴くこと」どんなモテ心理学を使う時でも、
まずは相手の女性の話を聴く事が大切です。

 

女性を落とす為には
女性をわかっていなければなりません。

あなたは女性の話を全部聴けていますか?

適当に相槌を打ったり、
自分と意見が違う時、
勝手に批判したりしていませんか?

 

自分の意見と違うなと感じる時でも
「この女性はこういう気持ちで発言しているんだな」と汲み取り、
最後まで聴きましょう。

時々、相手の話を遮って
自分の意見を言う男性がいます。

 

もちろん、自分から言うことは大切。

女性からもリード出来る男性というイメージがあるのです。

しかし、人の話を遮って
自分の意見を言われたら
皆が不快な気持になります。

 

これでは女性の印象を下げてしまいます。

存在感を出すのは
相手の話を全て聴いてからでも遅くありません。

 

まずは相手の気持ちをわかろうとすること。

相手の心理を了承した上で
モテ心理学は良い結果に終わると言えます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ