両親からのプレッシャー、家庭を持ちたいという気持ち、
老後孤独なことへの不安などから、
婚活をしようか迷っている女性が独身未婚の30代には沢山います。

 

しかし悩んでいるだけで、
アクティブに行動せずに受動的な姿勢で運命の人、
白馬の王子様を待っているだけでは、奇跡は起きません。

 

結婚できない人の共通点は理想が高望み、
異性に出会う人数が少ない かのどちらかで、
稀に面倒くさい、ひとりの生活が気楽という人も存在している。

 

大まかには2つのチェックポイントをクリアすればいいのだから、
簡単かと思われるかもしれませんが、
男女の相性やフィーリングの問題でなかなかうまくいかない、
成婚に至らないのが現実のようです。

 

将来の夫候補の彼氏と付き合えないのは、
人の本能による心理が関わっています。

 

これを理解することが婚活成功への近道です。

年齢を重ねるほど妥協できなくなる心理

 

投資分野の心理学、
行動経済学でも有名なものには 「サンクコスト効果」があります。

大まかに言えば、
事業のために使った資金で回収できないものを指す言葉です。

 

例えば、前払いで参加費を払い飲み会を始めたが、
なんだか馬が合わないメンバーだから帰りたいと思っている。

しかし、お金を払ってしまったので、
その金額分だけは楽しみたいと無意識に考えます。

「お先に失礼します」と立ち去る人は非常に少ない。

また、株を例にすれば購入した株が急落してしまうと、
元値に戻る見込みがほとんど無くてもです。

資産が減ることを認めたくないために、
損切り(売却して現金化)できないという心理です。

 

このように自分が消費したコスト(労力、時間、お金)などから、
リターンを得たいという気持ちが 原因で頭が熱くなり、
本心とは違う行動をとってしまうのがサンクコスト効果の特徴です。

 

独身未婚で恋愛経験が少ない人の心理は、
「誰でもいいから付き合って」となるパターンもあります。

意外なことに逆のベクトルで、
「絶対ハイスペックな好条件の人を掴まえてやる」と傾きやすい。

 

5年間彼氏がいなかった女性は、
5年間という歳月がサンクコストに当てはまり、
5年分の利益を取り返したいと考えてしまいます。

 

特に女性はプライドが高く見栄っ張りが多い傾向があり、
友人と比べて有名で地位が高かったり自慢できる職業に就いてるような、
社会的に優れている夫と結婚すると自尊心が満たされる。

 

このような理由もあって視野が狭くなり高収入、
高給取りしか相手にしないように自然と変化していくのです。