結婚に対する意識の男女差とは!?

婚活コラム

結婚に対する意識の共通点として、
20代前半や中高、大学生など学生時代の若い頃は、
比較的自由恋愛でフリーの状況です。

 

今を楽しみたいという享楽的な心理が、
大勢を占めているのに対して、
年齢が30代、40代、アラサーアラフォーにもなると、
結婚への焦りや危機感から、
今まで慎重だった人達にも結婚願望が芽生えやすくなるタイミングだと言われている。

 

ネット婚活サイトや結婚相談所に登録する年齢層としても、
30歳前後が最も多い。

生存本能や子孫繁栄の本能が強く働き、
異性のパートナーを求める心理が作用するのかもしれません。

 

だから、男性の結婚適齢期は働き盛りで仕事も収入も安定し、
肉体的にも熟成し、
尚且つ結婚願望が出始める30代という調査結果が出ているのかもしれません。

 

女性は子供の元となる排卵の数が若い程多いので、
20代前後が最も子供を妊娠、出産するのに適している。

男性も本能的にそのような年齢層の年下女性を狙いたがるという気持ちがある。

 

逆に女性は、
若い男性よりも中高年ぐらいの年上のおじさんの方が、
人間的にも深みや温かみを感じたり、大人っぽい安心感を感じるという。

男性は経験が乏しい初心な女性を好み、
女性は人生経験が沢山あり、知識やユーモア、
テクニック、女の扱いが上手で紳士的な男性を結婚相手として好む傾向がある。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ