結婚して良かったこと、悪かったこととは!?

婚活コラム

現代は非婚晩婚化が著しく進行している。

 

生涯結婚率が減少しているだけでなく、

20代~30代ぐらいの結婚適齢期の年頃の男女であっても、
彼氏彼女、恋人がいない男女が大幅に増加傾向にあるという。

 

そんな中、さらに、
深刻な事態を表すかのようなアンケートの調査結果が出ている。

 

3万7610が回答したリサーチパネルのアンケートでは、
「結婚するメリットがあるかわからない」という答えに共感しますか?
という問いにYESと答えたのが全体の33.5%となっている。

さらに年齢別では20代30代は、
約4割が結婚にメリットを感じないという。

テレビやバラエティ番組などのメディアで、
結婚に対して良くないイメージを拡散しているのがいけない面もある。

「年収は400万円以上」「慎重175cm以上」
「イケメンで優しい人」「20代前半でスタイルがいい可愛い子」 など、
男女共に高望みで強欲な様子をテレビで放映されると、
異性に対する魅力や「守ってあげたい」
「尽くしてあげたい」奉仕精神が削がれてしまうきっかけになる。

 

独身未婚で尚且つ恋人なしのフリー状態で、
さらに結婚に肯定的にもなれない現状、
一体日本人はどうなってしまうのか。

 

今後、少子高齢化はもう止められないと思われる。

「結婚は勢い」だとよく言われる。

動物の本能的な営みで男女がペアを作って一緒になるのだから、
理性的に理屈でどうこう語れるものではない。

 

むしろ、頭で考えれば考えるほど都合の悪い事ばかり浮かんできて、
結婚願望が なくなっていってしまうことが良くある。

男性の場合は「俺が一生妻と子供の面倒を見ていけるのか」
「お金を稼がなければならない」 という責任感から来るプレッシャー。

kvg@れkg
 

女性の場合は、
「他にもっと条件のいい男がいるかもしれない」
「本当に今の彼氏と結婚していいのだろうか」
といった結婚生活を任せられる男かどうか、
見極めようとする打算や妥協などの心理が芽生え始める。

将来不安や疑心暗鬼のようなものが頭によぎり始める。

 

結婚前にマイナス思考に陥る、
いわゆるマリッジブルーの心理状態では、
より強く人間を不安にさせる。

 

人間一度何かを考え始めると、
その方向に強くベクトルが偏ってしまう。

例えば、ノストラダムスの予言で、
「隕石が降って来て地球が滅びる」 と言われると、
なんとなく不安に駆られる。

中には本気で信じてしまい、
精神的にも身体的にも体調不良になる人も出てくる。

 

男女の好き嫌いや結婚に対する気持ちでも同様です。

人間は物事を考え始めると、
プラスかマイナスどちらかに偏りやすいのです。

 

長時間悩めば悩むほど、
何事も白黒つけたり正解か誤りか区別してしまう。

だから、結婚は悪い方向に考えが及んで悲観的思考になる前に、
肯定的な気持ちのまま勢いで結婚してしまうか、
あるいは授かり婚、できちゃった婚で、
結婚してしまった方がうまくいきやすいというわけです。

 

世の夫婦の大半は、
何も考えず「好きだから」という理由で結婚していることでしょう。

ただ、恋愛感情は3年でほとんど冷めるため、
一生ラブラブ状態で長続きできるケースは稀だと思っておきましょう。

 

結婚するかどうかで悩んでいたり迷っている人は、
損得勘定なしのお試し感覚で婚姻届に判子を押して、
入籍してしまうのも悪くはないでしょう。

現代は離婚率も増加傾向にあるので、
昔よりも「傷物」に対する評価も悪くなっているし、
バツイチ子持ちでも再婚できる婚活サービスなどの環境も整っている。

 

「あまり好きではない」という理由で結婚を決意できないでいると、
婚期を逃し後悔してしまうかもしれない。

むしろ、大抵の人は未来の自分達の姿や経済状況に対して、
想像せずに、その日暮らしや自然の成り行きで結婚に至っている。

 

自分の遺伝子を子供に宿し、
後世に残してくのは生物的な本能が最も満足することです。

 

また、仕事から帰って来た時、
愛する人や子供がいることは、
どんな喜びにも変えがたい暖かいものになると思います。

 

正直に言ってしまうと、
結婚すると時間が大幅に制限され不自由になったり自由が利かないので悪い点の方が多い。

 

しかし、その代償を消し去ってしまうぐらい、
家族を持てることが人間を幸福にしていくと思います。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ