・強引さの中に優しさがあるか

 

人間関係は気遣いや真心で、
成り立っているといっても過言ではありません。

相手に対する思いやりや感謝の気持ちが無ければ、
結婚生活を 維持することは困難です。

 

短気で怒りっぽく、粘着質で愚痴をこぼす、
ありがとうや助かったなどのお礼を一切言わない傲慢で意固地、
頑固な性格など。

 

釣った魚に餌を与えないタイプとは、
遊びの付き合いは良いですが、
結婚してしまうと苦労が絶えず、
大変な生活に泣きを見ることになります。

 

逆にどんな欠点や短所があろうとも、
大黒柱として努力して妻や子供、
家庭を一生懸命支えて守ろうとする意思さえあれば、
長続きする関係でいられます。

 

簡単に言ってしまえば、
一緒にいて楽しい、
自然と笑顔になれるような 男性が最も理想的です。

二人きりの時に笑いが生まれることは、
どんなにお金があったり、顔や容姿など条件や、
スペックが優れていることよりも価値があります。

こ@k
 

一緒にいて退屈でつまらない人と結婚することは、
職業や地位、安定した生活を理想像として、
求めるケースでのみ通用する考え方です。

 

今の付き合っている彼氏、
または男友達がどれだけ「自分に尽くしてくれるか」は、
交際をするかどうか決めあぐねている時の重要な判断基準になります。

そんなブサイクで好みのタイプでなくても、
サービス精神があり、誕生日には、
お祝いメールやプレゼントを贈ってくれたりします。

悩み事や病気で気分が落ち込んでいる時に、
励ましてくれたり心配してくれるなど。

 

本当の意味での優しさ、
下心を感じさせない自然な好意は、
人格が優れていることを証明する行動や態度です。

 

このような親切心は無為にしてしまうのは、
非常に勿体無い。

生理的に無理だとか、
どうしても好きになれないという場合は仕方ないです。

一生大事にしてくれる候補の男性は拒絶せず、
友達としてキープしておくという手段もアリです。

 

付き合うのは無理だとしても、
将来使える人脈を広げるためにも好意を持ってくれる上で、
「誠実で優しい」という特徴を持つ男性は粗末に扱わず仲良くしておくとお得でしょう。