一緒にいて楽しい、一緒にいて落ち着く、
リラックスできるという要素や、
お互いに同じ特徴や共通点がある場合に感じやすいことです。

 

心理学の理論的に、
相性が良いとされているのは「類似性」と「相補性」 の関係とされている。

簡単にまとめたしまえば、
似通っている、似た者同士と対極に位置するような凸凹コンビは、
うまくいきやすいということです。

 

食べ物の好き嫌いが同じ、
笑いのツボが同じ、同じ景色を眺めて同じ感想が出てくる、
金銭感覚の水準が同じなどは、
まさに価値観が一致していると言える。

 

また、相補性は、
歯車が噛み合うような対照的な性質の相性です。

一方が明るくお喋りで、
もう一方が無口で受け身な夫婦は思った以上にうまくいきます。

 

昔で言えば、職人気質で頑固一徹、
怒りっぽい父親と、
良妻賢母で慎ましやかで優しい母親といったところです。

会話、スキンシップなどのコミュニケーションの相性の良し悪しが、
特に重要です。

 

男女関係は、体の相性、
肌の相性が合うというだけで、
ケンカをしても、
体が磁石のように引かれあうので、
すぐ親密な関係になり仲直りできます。

今付き合っている彼氏や彼女に、
肌が吸い付くような心地よさを感じたら、
手放すのはもったいないでしょう。

また、会話のテンポが合うことも、
体の相性と同等の価値があります。

 

特に女性はお喋りこそが人生の生き甲斐であり、
口を開く事が幸せであります。

同時にストレス発散効果もあるので、
会話の相性が合うと感じている場合も結婚相手に相応しいと言えます。

逆に言えば、これら二つの要素どちらも持ち合わせていない場合は、
黄信号であり、長続きしない可能性が高い。

 

結婚した後に成長して、
変わってくれるという淡い期待を持ちながらも、
妥協して婚姻届を出してしまう男女もいますが、
大抵は結婚前と同じ幼い子供のままです。

プラス要素もマイナス要素もそこまで変化するものではなく、
豹変する場合は本心や本音を隠していたと考える方が自然です。

 

いつまでも仲睦まじく、
夫婦円満になるためには欠かせない、
妥協できない要素の一つではないでしょうか。

 

ただ、価値観がまったく同じ事は奇跡的な確率であり、
ズレが生じるのが当たり前、
そう考えながらお互い別次元に住む人だと、
ドライに考えるとで順風満帆にうまくいくこともあるそうです。

 

・親との同居問題

 

長男長女と結婚すると、
親、兄弟姉妹との同居、祖父母との関係、
将来的には両親のお世話や介護などをしなければならないことが頭をよぎります。

特に地方や田舎では、
二世帯住宅の大家族で暮らしている事があり、
結婚して嫁ぐとなると、
これから先ずっとパートナーの家族と一緒に暮らさなければならなくなる。

 

他人と長時間同じ屋根の下での生活をしていると、
人によっては多大なストレスとなり、
体調を崩したりノイローゼになることもある。

 

姑や舅からの嫌がらせ、説教、いびり、文句などもよくある事です。

意外と軽く見られがちで流されがちな条件ですが、
結婚した後に夫婦水入らず、
二人だけの空間、愛の巣があるかどうかは、
満足度を左右する大きな要素です。

 

一時的に短期間だけでも、
親元を離れるのも悪くないでしょう。

また、両親とのコミュニケーションの相性も重要な事です。

 

世の中普通の人は案外少なく、
奇人変人、濃いキャラクターが沢山います。

もし、そんな相性が合わない最悪な人物と同居することになったら、
毎日辛く、神経をすり減らして疲れ果ててしまうでしょう。

 

図太い社交的、外交的で活発な性格なら大丈夫ですが、
人見知りで内向的、内気な性格の場合は、
妥協できないチェックポイントでもあるので、
結婚後の住む場所、環境要因については注意して調べておきましょう。