世の中は大好きな人と両思いや相思相愛が、
理由で付き合っているカップルばかりというわけではなく。

 

むしろその逆で、男女どちらかが片思い、
一方的な恋愛感情を持っているだけで、
相手には恋愛感情がない、湧かない状態で、
惰性や我慢で付き合ったり結婚しているこが 多々ある。

 

婚活や合コン、お見合いを繰り返しても、
顔や容姿、見た目や外見、体型やスタイルがあります。

年収や職業など完璧に理想的なスペックを持つ異性と知り合える確率は、
圧倒的に低く奇跡に近い割合です。

 

皆どこかで譲歩や妥協して結婚していたり、
現在彼氏や彼女と付き合っている面がある。

外国では同じ宗教間グループでの紹介や近所の親戚付き合いでの結婚や、
同じ民族間で好きでもない人でも、
年齢が一定を超えると強制的に縁結び、結婚させられる地域もあります。

恋愛と結婚が明らかに違う、
別物ともいえるケースも沢山ある。

 

しかし、心理学のデータによると、
このような選択の余地のない夫婦に意見を聞いてみると、
案外強制的にくっつけられた例でも、
生活は安定していて幸せだと感じているという。

 

恋愛感情や好き嫌いは、
恋人として付き合うためのものであり、
結婚後の幸福度と第一希望の好きな人かどうかは、
そこまで関係はないのかもしれない。

 

男性は付き合い始めに恋愛感情の波が最高地点、
ピークに達するので、 始めの頃は熱心にアプローチしたり告白、
プロポーズまで してくれていたのに、
結婚後に態度が豹変して冷たくなったり無視して沈黙、
会話がない 状態になったり暴力的になる パターンなどがある。

 

独身未婚での自由恋愛は一つ屋根の下で共同生活をするわけではないので、
自分を偽ったり演技をして表面的にいい人を振舞える面があります。

結婚後はその人の本性の人格が明らかになるので、
結婚前に見極めなければ 、離婚、バツイチ、
シングルマザーという大きな失敗、枷を背負う結果になる可能性もある。

 

また、大恋愛から結婚したからと言って、
必ずしも幸せになるわけではなく、
途中で嫌いになって後悔することもあります。

 

自分自身以外の他人と一緒に暮らすという環境は、
好き嫌い以上の何かが無ければ乗り越えられず維持できないのでしょう。

人間の恋愛感情の賞味期限は3年、
12ヶ月~18ヶ月程度という心理学の研究データもある。

 

知り合った当初は、
大好きな人と会えるというだけ胸がドキドキして、
一緒にいて楽しく落ち着く、
スキンシップやイチャイチャしているだけで幸福感で大満足です。

 

しかし、3年を過ぎた当たりから、
メールや電話での連絡もデートで会うのも面倒くさい、
触れると気持ち悪いという感情が嫌悪感すら 芽生えることがある。

恋人や、夫、旦那、嫁、妻、
奥さんなどが空気のような存在になってしまうと言われる倦怠期はこの期間です。

遠距離恋愛も3年を目処に段々冷めてきて恋愛感情がなくなったり、
好きかどうかわからないという状態になりやすい。

 

付き合い始めは恋愛ホルモンと呼ばれるPEA、
ドーパミンやアドレナリンが 大量分泌され高揚感や緊張感、
集中力を高める作用をもたらしますが、
時間が経つとβエンドルフィン、セロトニンなど、
安心感や居心地の良さ、安定感を感じるホルモンに切り替わる。

 

これこそがパートナーとラブラブ状態が、
続く期間が3年と言われる理由、原因です。

学生、大学時代は熱意あるアタックで、
大切にされている感があったのに、
社会人になると急に「忙しい、余裕がない」と言って、
デートを断るようになるのも、
時間軸的にはこのタイミングが関係している可能性があります。

 

これら人間の習性は別に悪い事ではなく、
本能として備わってる能力なので 気にしても仕方のないことです。

問題なのはそんな恋愛感情のない好きでもない人、
彼氏や彼女と付き合いを継続させたいかどうかという判断、意思です。

 

好きでもないのに付き合いを続ける、
恋愛感情がない男女と妥協して結婚を考えた時、
これから一生寄り添っていくに値するかどうかをしっかり精査して見極めるべきです。

一度結婚して子供ができてしまうと、
負担が大きく新しいパートナーと再婚してやり直すのは非常に困難です。

 

結婚する時は役所に判子を押した紙を提出するだけですが、
離婚時には養育費、財産の分配、

親権など様々な問題が絡み合う。

将来このような失敗をしないためにも、
自分が何を幸せと捉えて結婚するのかをよく考え てみましょう。

コメントをどうぞ