好きでもない人を結婚相手に選ぶ時の条件、チェックポイントとは!?

婚活準備編

・人格が優れているか

 

意外な事ですが、恋愛結婚よりも、
両親、知人や仲人さんが紹介したお見合い結婚の方が、
夫婦生活がうまくいく割合が高い。

自由恋愛の頃の楽しさを知らないこと、結婚に理想像や先入観が無く、
元々あまり期待していなかったことです。

 

条件自体は良いことが多いので、
共同生活の中で愛を育んでいくことが可能だったという点などが、

うまくいく理由として挙げられる。

 

結婚に過度な期待をしていると、
理想と現実でのギャップで落胆してしまい、
急激にブルーになってしまう人がいる。

この傾向は大恋愛で相思相愛の時ほど強い。

 

逆にドライで形式的、
半ば強制的に出来上がったペアの方が、
理想のハードルの水準設定、基準のラインが低いので、
心理的には夫婦円満になりやすいのです。

 

お見合いで紹介されるような人は、
真面目で人間的にある程度、信頼感がある人が選ばれやすい。

条件は比較的良く、
仕事人間だったために出会いが無いような男女が結ばれる。

l「lp@7

つまり、お見合い結婚は人格、
人間的に優れている人の割合が多いということです。

 

他人に紹介するぐらいですから、
両親にしてみれば無職やニート、フリーター、
バイトや派遣社員、または性格に難がある息子や娘なんて恥ずかしくて、
普通の神経では知り合いや友達に紹介できませんでしょうからね。

 

人間性が優れていると判断するポイントの例としては
誠実、正直、謙虚、感謝、尊重、真心、忍耐、
勇気、優しさや思いやりなど がキーワードです。

逆に性格が悪いと判断できる要素は、
裏切り、嘘、否定、強欲、嫉妬、臆病、傲慢などです。

これらは例の一部ですが、
少し文字を眺めてみただけで、
対照的な人物像が頭に浮かび上がると思います。

 

簡単にまとめてしまえば、
今の彼氏が陽、プラスの雰囲気を持っているのか、
陰、マイナスの オーラを帯びているのかは結婚相手を選ぶ際、
見極める時の判断基準になります。

 

男女の恋愛感情は8割の人が冷めてしまう。

 

その時に残るのは人間的な魅力、
性格や中身などの人格というわけです。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ