男らしさと大人の余裕は結婚に必要不可欠!

婚活マインド

モテない男性に欠けているものは、
男らしさや心の余裕だとよく言われます。

 

これは恋愛経験の不足や

口下手な引っ込み思案の性格だとありがちです。

 

顔、金、身長が無くても、
彼女がいる人の絶対的な共通点は、
自分に自信があることです。

 

無職ニートであっても、
根拠の無い自信や明るく余裕のある笑顔をしているおじさんは、
なぜか彼女がすぐ出来ます。

 

それは女の直感として、
「この男性についていけば安心できそう」 と思うからです。

女性は堂々と胸を張って、
自由奔放に生きている男性を見ると非常に魅力的に映るようです。

 

確かに背が高くて顔がイケメンで経済力があれば、
それに越した事はないでしょう。

しかし、そのような条件が無くても、
交際相手や将来の伴侶となるパートナーを見つけることはできるのです。

 

では男らしを女性にアピールするためには、
どのようなしぐさや態度、振る舞いをすれば、良いのでしょうか。

男らしさを出す方法はアイディア次第でいくらでもあります。

まず、おすすめできるのは筋肉アピール、
女性にアンケートをしたり直接尋ねると、
「筋肉アピールはうざい、キモイ」と歓迎されていない様子です。

 

本音としては逆でやはり本能では強くて、
健康な男性は性的な対象として見られます。

「ガタイがいい」というのは圧倒的な長所です。

 

女性は大別すれば子供や老人と同様、
守らなくてはいけない弱い存在のグループ。

だから力強いスポーツタイプの男性には、
本能的になびいていき依存しやすい。

 

小学生の女の子同士の会話で、
「なんで○○君が好きなの?」 と質問すると、
「足が速いから」という理由を答える。

 

女の子は小さいころから、
男の子の運動能力を評価して恋をしているのです。

k@k

ヒョロヒョロの痩せた体型よりも、
ポッチャリの太ったスタイルの方が比較的モテます。

 

手足がガリガリすぎると思う人は、
ちょっと筋トレして改善しましょう。

男の肉体美は下手な服装やファッションよりも、
オシャレを彩ります。

 

さり気なくアピールできるチャンスとしては、
外出中に重い荷物を持ってあげたりします。

飲み会時に瓶の蓋を開けるなど、
存在感を示す機会があればアクティブに体を動かしていきたいものです。

そして第二のポイントは包容力です。

 

包容力と言うのは非常に幅があり一言では言い表せませんが、
大まかに言えば女性を理解して受け入られる器の大きさです。

女性は男性に比べると悩み事が多く、
コンプレックスを抱えている。

 

そのような弱点を口にさせて、
上から目線ではない客観的なアドバイスをして、
精神的にサポートしてあげましょう。

女性は自分の意見を持っていて、
リードしてくれる男性に憧れを持っているものです。

 

包容力として勘違いしてしまいがちなのが、
お金を奢るだとか相手の言った望みを全て叶える行為です。

これは召使いのような振る舞いなので、
異性として好きになることはあまりありません。

 

「利用できる都合のいい男」という認識になるだけです。

女性が弱さを見せ頼られたら手を差し伸べて、
助けてあげるぐらいで調度良く、
あまりに気遣いすぎて進んでお世話をすると逆に、
「いい人だけどつまらない」と言われて嫌われてしまう。

 

女性心理には、
このような複雑な機微があるので気をつけましょう。

そして最後が決断力、
判断の早さです。

 

女性に最も嫌われるのは、
受け身で優柔不断な性格です。

イケメンでも案外彼女が定着しないのが、
このタイプの男性です。

メールアドレスをゲットして仲良くなり、
告白して付き合い始めたのは良いもののです。

 

デートを繰り返していくと、
いつも彼女にデートプランを任せっきりです。

何かあると「好きにしていいよ」と譲ってしまうなど。

 

これは一見優しさにも見えますが、
女性からすれば投げやりな姿勢と判断され、飽きられます。

女性はこれからどうするかという分かれ道では男性に、
どうするか決めて欲しいという願望があります。

これは身を守るための能力が、
どれほどか無意識にチェックしているのです。

 

将来、結婚して家族を守るためには、
外敵に襲われた時、 即座にどこに逃げるのか、
あるいはどう攻撃して戦うのか 決めなければ、
頭を悩ませているうちに全滅してしまいます。

 

原始時代から受け継ぐ本能で、
男性の決断力は女性にとって重要視されているようです。

会話中に何か質問を投げかけられたら、
「うーん」と唸らずに即座に答えを返す。

ファミレスでメニューを一目見てすぐに注文を決める。

 

即決即断する姿は女性の目には非常に格好よく、
男らしい潔さを感じることでしょう。

女性の前では、
鈍感な鈍さや遅さは命取りとなる事がある。

 

デート中にいいムードが漂っており、
キスをする雰囲気なのに、黙って行動に移さず、
「キスしていい?」なんて確認するのは的外れでありです。

決断力のない鈍感男が言うセリフです。

道に迷った時、頭を抱えているだけで、
地図を見て軌道修正が出来ない男は、
それだけで頼りなく致命的な印象を与えてしまうのです。

 

普段ちょっと動作が鈍いと自覚している人も、
好きな女性の前でだけは、
頭をフル回転させて素早く行動するとうまくいきやすいでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ