結婚生活において労働環境の変化も今とむかしでは違う!?

婚活準備編

現在はサービス残業での過労死が問題になっているが、
実は昔の方が労働時間そのものは長かった。

 

しかし、恐らく現在は働く時間は昔よりも短いものの
精神的な負担は段違いなのではないかと思われる。

一昔前、高度成長期やバブル時代は年功序列であり
ボーナスや昇給もきっちりしていた。

 

リストラやクビを切る会社もほとんどなかったから、
会社や同僚との一体感もあったし心理的に余裕があった。

 

しかし、現在は不況の波で安定雇用が崩れ、
正社員であってもいつ辞めさせられるかわからない。

さらに非正規労働者、派遣社員や契約社員などが増加し、
さらに不安定さに拍車がかかる。

コンピューターを使う複雑な仕事も多く、
能力主義でさらに他社との競合が激しい。

中小企業では昇給やボーナスもほとんどない。

 

労働時間そのものは、
昔の方が沢山あり仕事がきつかったのに、
給料や将来へのプレッシャーによる精神的ダメージに大きな差がある。

 

手当てや生活保障がしっかりしているかどうか、
将来の安心が感じられないかで彼氏彼女作りや、
結婚を決意するかどうかの意識も大きく違ってくる。

生活基盤、足元がしっかりしていないので、
結婚するのが不安になってしまうのは仕方が無い面がある。

こおjぽj

 

これから先は賃金格差も広がってくるので、
収入が少なくてもやりくりします。

 

カップルや夫婦でお金がなくても、
幸福感を感じられる生き方を模索していく必要性があるかもしれない。

 

・夜の営みが多い

 

昭和時代は建設ラッシュ真っ盛りであり、
肉体労働者、土建屋系で 生計を立てている男性が多かった。

筋肉量が多いと男性ホルモンの分泌も旺盛になり、
性欲も強くなる。

 

また、昔は亭主関白気味で夫、
旦那の欲求を満たすのは妻の役目であるという意識があったため、
自然妊娠で子沢山になる傾向があったという。

 

考えてみると、
おじいちゃんやおばあちゃんの兄弟姉妹は3人以上は当たり前の大家族ばかりです。

それに比べて現代の男性はというと、
体を使う仕事よりも、頭を使うパソコンや事務系の仕事が主体となっているので、
運動能力が低下してきている。

 

このような内勤は外を歩いているよりも、
人間関係や身体を動かせないストレスが思った以上に掛かっているため、
家に帰ると疲労感が激しい。

 

夫婦生活、俗に言う仲良しの回数や頻度は昔の方が多かった。

もちろん独身時代のフリー恋愛であっても、
この傾向は当てはまるのでしょう。

現在は草食系男子と呼ばれる異性に関心が薄く消極的、
比較的淡白な性格の男性が増えているという。

 

その根本的な原因は足腰を動かさないことによる運動不足が、
大きな原因ではないでしょうか。

 

社会的なストレスや室内で、
遊び暇を潰す習慣が男性の力を弱めているとも考えられます。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ