一目惚れの定説としては二つが挙げられています。

 

自分の無意識の持っている理想像と、
目の前の相手を照らし合わせて比較した時、
似ている特徴やパーツなどが一部分でもあります。

 

その人の全てが理想的だと錯覚を起こし、
勘違いの恋愛感情を持ってしまいます。

出会ってわずか0.3秒ほどの世界で、
直感的に自分にとっての相性を判断して好き嫌いを決めるという。

 

そんな高速の出来事だから脳がエラーを起こして、
誤認してしまうことも考えられそうな話です。

 

顔がキツネ目で面長がタイプ、
髪型は黒髪ロングストレート、
ヴィジュアル系、坊主頭、
はにかんだ笑顔が良い、一重で目つきが鋭いなどです。

 

好みのタイプを構成する要素のうち、
何かが合致すると勘違いを起こす可能性があるという理論の説。

 

男性の場合は、
女性の体型やスタイルが母体としての機能を持っているかを重要視しています。

バストの大きさ、くびれたスリムなウエスト、
腰回り、安産型のお尻の形などは、
男性にとっては見た瞬間視覚的に興奮して、
胸が高鳴る一目惚れする要素でもあります。

 

そしてもう一つが、
自分の遺伝子から遠い男性を嗅覚で選び出すという説。

この能力は無意識に、
ホルモンを嗅ぎ分ける女性特有の特殊能力と言われている。

 

自分の遺伝子から遠ければ遠い程、
病気に対する免疫や耐性に違いがあり、
将来環境が変化しても子供が生存できる確率が高くなる。

 

健康で丈夫な子孫を残すために、
本能に備わっているスキルなのです。

これには顔や容姿は関係ないので、
可愛い子や美人がブサイクの男と平然と付き合う事も良くある光景。

 

なんだか明らかにアンバランスで、
不釣合いな美女と野獣カップルが多い現象も、
この心理が原因、理由として関わっていそうです。

 

またこれ以外にも、非科学的ですが、
運命の赤い糸、神の導き、
占いやスピリチュアル的な縁によって結ばれたということもありえる。

 

流行先の山や海で偶然一目惚れ、
ナンパしたことがきっかけで恋人同士になり結婚した。

結婚式の二次会で一目惚れして彼氏彼女、
カップルになった。

などは頻繁に耳にする話です。

 

そもそも独身未婚の男女は、
出会いそのものに飢えてる傾向が強いためです。

 

日常から開放され、
明るく楽しい気分になれるような状況では、
惚れっぽくなっている可能性もあります。

コメントをどうぞ