受け身で消極的な性格

 

受け身で許されるのは学生時代まで、
いい大人になっても支持待ち人間のままでは、
まったく成長が見込めない。

 

シャイボーイ、ウケミン、
草食系男子、恋愛に弱気で臆病、
女性恐怖症で人見知り、
初対面でお喋りするのが苦手などの特徴を持っている男性は、
下手したら一生彼氏いない歴イコール年齢のままかもしれない。

 

男として生きていくために必須のスキルがあります。

それは「傷ついてもへこたれない」能力です。

男性は性別として、
女性に求愛しアプローチして、その合否判定、
誘いのイエスノーをジャッジ甘んじて受けるという役目があります。

つまりリスクを背負って時には、
傷つかなければいけない使命がある。

 

もちろん、アプローチは100発100中に成功するわけは無く、
100人口説けば99人は失敗することを覚悟しておくべきです。

100回失敗しても、
たった一度成功すればそれだけで結果的にはグッド、
勝利なのが恋愛です。

こvrこv
 

受け身で何も行動を起こさなければ、
成功確率は限りなく0%で絶望的です。

歩いていたら突然、
お嬢様に一目惚れされて、
愛の告白をされ結婚までゴールインなんてことは、
奇跡的な確率で滅多に起こりえません。

 

男は度胸、女は愛嬌と言われるように、
男には答えの分からない未知の領域に対して勇猛果敢に、
挑戦していくチャレンジ精神が欠かせません。

 

確実に付き合える、
絶対に成功するなんてことが世の中には早々ないことです。

女性が男性に好意を持つ理由のひとつに、
「熱心に口説かれたので付き合うことにした」 というものがある。

女性の恋愛感情は男性のように、
急にピークに達することはなく、徐々に膨らみます。

 

だからこそ、
一度振られたぐらいで、
諦めないタフネスさが求められているのです。

 

強気な姿勢や適度な強引さは女性に、
「本気、本命の気持ちで好きになってくれてる」 と思わせ、
喜ばせる材料でもあります。

物事は実際に行動して試して見なければ結果はわからない。

 

「いつやるの?今でしょ」という名言通り、
思い立ったら吉日ですぐにでも行動するようにしましょう。

女性に対しては、
待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢が重要です。

 

知り合いや女友達でフリーで気になる子がいたら、
メールや電話で連絡してみる等 してみましょう。

ナンパや声かけを実践し、
何度も反復するとそのうち恥の意識は消え慣れてくるものです。

もし失敗してもちょっとプライドが傷ついて恥ずかしいだけ、
中には誘いに応じてくれる女性もいる。

 

それなのにアタックしないのは、
お宝ゲットの機会、ハンターチャンスをみすみす見逃しているようなものなのです。