男性の恋愛において思いやりや優しさが無いのは、論外!

婚活の注意点

女性が嫌いな男性の特徴でよく言われるものが、
ケチ、自己中、 常識やマナーに欠けるという点です。

 

別にデート代を全額奢ったりする必要はまったくないのですが、
どこか押し付けがましかったりする雰囲気があるのでしょう。

 

また、自分中心に世界が回っている男性は、
自分の周りの変化、
女性の心理を読み取ろうなんてことはほとんど考えない。

 

体の相性が悪いと感じさせるほどの乱暴な扱い方。

偏見で他人の悪口を言ったり批判する。

 

子供や老人に対して冷たいなど。
優しさを感じられないと、
「結婚しても大切にされない」と思うので女性は交際する気が消え失せます。

 

思いやりというと具体的に、
これだというものがあるわけではありませんが、
気遣いや真心と言い換えれば理解しやすいでしょう。

 

女性の顔色が悪かったら、
「大丈夫」と声をかけ心配してあげる。

悩みがあるようだったら相談に乗ってあげる。

 

メールや電話でマメに連絡をとって、
話を聞いてあげるなど。

特に女性は人に近況報告や愚痴を喋ることで、
ストレス解消を図る性質があります。

kgopreg
 

だから、女性に気分よく話させるように質問してあげると、
非常に高評価、高ポイントであり、
好感度が上昇し親密感も深まる。

 

実際「恋愛の相談相手」というポジションから、
彼氏の愚痴を聞いたりしているうちに、
いつの間にか彼氏となりそして結婚まで登りつめてしまう男性は数多くいます。

 

結婚できない男性の原因、
理由のひとつに人の話に、
興味関心が薄く耳を傾けようとしないという共通点が挙げられるでしょう。

 

コミュニケーションは女性にとって人生の生き甲斐、
その本能的な欲求を満たせる男性は、
貴重な存在であり、どこに行っても重宝されるものでしょう。

 

・お金が無いと結婚できない病を患っている

 

結婚に対する男女の意識がミスマッチしているこに加えて、
現実的には不況の影響で所得がまったく伸びていない現状がある。

 

女性は男性に最低でも年収400万円を望んでいる人が多く、
男性もそれを真に受けて、
「低年収、低収入の俺では結婚は無理だ」と悲観的で諦めムードになってしまっている。

 

しかし、実際に年収が400万円以上あるのは、
25歳~35歳男性の2割程度だと言われている。

言ってしまえば、
女性は上流階級の男性をターゲットにして、
婚活をしてばかりいるという話だ。

 

しかし、実際に結婚に至った男女が収入にばかり、
拘っているかというとそうではない。

 

年収200万円だろうが、無職のニート、
フリーターやアルバイト、派遣社員だろうが、
正社員でなくとも 結婚している男性はいくらでもいる。

そもそも男女が本来付き合うのは恋愛感情で、
相思相愛となったからというのが一番自然です。

 

将来の生活の心配なんて、
まったくする必要が無いことです。

確かに婚活女性の多くは高収入の男性を求める。

 

しかし全員がそうというわけではない。

一部の視点だけから意見を汲み取って、
それを全体像であるかのように捉えてしまっているのです。

男女の付き合いはお金、
財力だけではありません。

 

可愛い、綺麗、美人という特徴を備えている女性ほど、
男性の価値は顔や お金だけではないと多種多様な価値観を理解している。

だからこそ結婚も早くあっという間に売れてしまう。

 

「沢山貯金したら結婚しよう」
「お金持ちになって生活が安定したら結婚相手を探そう」
なんて考えているといつまで経っても結婚できません。

それどころかお金が貯まった頃には、
「お金」以外の魅力がまったくなくなってる可能性すらあります。

 

結婚できない理由は、
お金が無いからではないと肝に銘じておきましょう。

男としての魅力さえあれば、
男女は一緒に寄り添い生活できる。

 

お金が無いというのはただのいい訳であり、
言い方は悪いですが将来にビクビクしているだけのチキン野郎でしかないのです。

昔の日本人なんてその日暮らしで、
毎日の食料を確保することで精一杯でした。

それを考えれば、
将来に不安ばかり抱えている現状なんて贅沢以外のなんでもないでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ