女性は初対面の異性に対しては、
一目惚れでもしない限り、
大抵は興味関心もあまりなくなんとも思っていない。

 

女性の恋愛感情はじっくりと時間をかけて、
育っていく特徴がある。

そして、付き合いが長期的になるにつれて、
最終的には男性以上に恋の炎が盛り上がるケースが多い。

 

出会ったばかりの頃は、
男性からのデートの誘いに、
面倒くさいけど仕方なく付き合っている面もあったのに、
親密な関係になってくると女性の方から誘って欲しいと思い始める。

 

また、女性は男性と一度寝ると、
その男性に対して情が湧き、
極端に惚れこんでしまいやすい。

これには様々な本能の心理が関係している。

 

体の構造的に説明すると、
女性は子宮の入り口付近を刺激されると、
その男性のことを好きになってしまうという話がある。

 

女性は男性の遺伝子を身篭った後も、
食料や外敵からの保護が必要であります。

出産して子供ができた後も、
夫から子供や自分に援助をされなければ、
生活が非常に苦しくなる。

 

だから、体を許した相手には、
捨てられたくないという感情が芽生えやすいという。

腰が軽い女はガードが固い重い女よりもモテるけれど、
簡単に体を捧げてしまうと、
「都合のいい女」として振り回されることになってしまうデメリットもある。

女性の好意の気持ちは量や数のアプローチによって増えやすい。

例えば、たった一度愛の告白をされても、
「好き」という100メモリあるメーターは5ぐらいしか溜まらない。

 

目が合ったり、
挨拶をされたりメールや電話でコミュニケーションを取ると、
一回につき1メモリ好意が増加するという具合です。

 

婚活において、マメな男がモテるというのは、
このような心理の特性があるからです。

女性に好かれたり、落としたいと思ったら、
定期的なコミュニケーションを継続的に行なっていく必要があります。

 

女性にとって元もロマンスを感じて魅力的だと思うのは、
下心を感じさせない日常的な関わり合いです。

 

洋服店やブランドショップをふらふらして、
特に何も買わないウィンドウショッピングデートをした時、
男性は付き合ってあげている感があり退屈しますが、
女性は非常に満足します。

何気ない関わり合いやお喋りに幸福を感じる女性ならではの心境です。

 

女性の気を引きたい、
振り向かせたいのであれば、
男性はいきなりデートに誘ったりするのではないです。

 

他愛無い雑談や悩み事相談など、
質問を振り聞き上手に徹するのが成功のコツです。

このような親しみ感じる関わり合いは、
女性が最も喜ぶプレゼントとなります。

 

異性に対するストライクゾーンは、
女性は10人の男性の顔写真を見ると、
1人か、あるいは全員が恋愛対象外と答えるという。

 

女性は減点方式なので、
最低の合格ラインさえ超えていれば後はあまり気にならない。

つまり、顔や容姿、見た目がイケメンかどうかというのは、
あまり重要視されていない。

 

それよりも大事なのは自分に興味を持ってくれたり、
本気、本命の気持ちで好きになってくれるかどうか、
自分を大切に思ってくれるかです。

 

もちろん、遺伝子的な相性や、身体的特徴、身長が高い、
筋肉の隆起、引き締まった体などもしっかり観察されている。

自分の遺伝子から遠い祖先に当たる免疫情報を嗅覚から読み取り、
自分に適している場合好きになりやすいという。

 

しかし、このような能力を度外視しても、
大事にしてくれて愛してくれるかの方が 重要なのです。

つまり、女性が男性を好きになるきっかけは、
熱意あるアプローチや好意的に話しかけてくれることです。

 

男性は外見のハードルが低い、
女性はそもそもルックスをあまり気にしていないという傾向がある。

「男は最初になりたがる、女は最後になりたがる」という有名な言葉がある。

 

男性は純白の女性を自分の手に入れ支配すること、
女性は愛され、尽くすことで、
幸せを感じる生き物というわけです。

 

女性はあまり自分から好きにならない分、
一度付き合い始めると一途に想い続けるのが特徴的です。

コメントをどうぞ