結婚後に後悔した理由とは!?

婚活マインド

既婚者へのアンケートを行うと、
7割近くの人が現在の夫妻生活、
家庭に不満があると答えると言う。

 

旦那が無口で会話が一切なくなりイライラしている。

体を触られると気持ち悪いと感じてしまう。

部屋が散らかりっぱなしで片づけができない。

酒癖が悪くすぐに怒鳴ったり叩いたりする。

 

感情の起伏が激しく、
自分をコントロールできないほどのヒステリーや癇癪を起こす。

隠れて浮気をしているような気配がある。

 

昔の女友達や男友達(元カレや元カノ)と会って遊んでいる。

安月給低収入で経済的に余裕がなく、
お金の面で苦労している。

 

食事の好みがまったく合わない。

急激に愛情がなくなって冷めてきた。
などなど挙げればいくらでもでてきます。

 

独身未婚男女にとっては、
ハッキリ言ってただの無いものねだりのように思えてしまうようなものばかりです。

まず知っておいて欲しいことは、
結婚生活というものは想像よりも、
バラ色の夫婦生活ではないと言うものです。

 

確かに中にはお互いに満足して、
幸福を感じている相性が抜群の男女もいます。

しかし ほとんどはそうではない。

 

お互いの悪い部分や欠点が見えてくるし、
相手のこだわりや趣味、言動や価値観の違いなど、
どこかで我慢しなければいけない部分が生じます。

 
l@pkk
独身状態でデートをする分には、
一時だけ取り繕えば大丈夫ですが、
一つ屋根の下で同居して四六時中一緒にいると事は違ってきます。

 

1ヶ月、1年ぐらいの新婚さんや同棲したての頃は大好き、
毎日ラブラブで楽しいのです。

その楽しい時期が過ぎ、
3年ぐらいにもなると既に当初の胸の高鳴りや、
ドキドキ感はまったく失われて飽きてくる人がほとんどです。

 

恋愛心理として男女ともに、
ワクワクと気分を高揚させ、
興奮や快楽を導き出す恋愛ホルモン(PEA)と呼ばれるものです。

 

ドーパミン 、オキシトシン、
エストロゲンなどの分泌が3年でほとんど出なくなります。

そして、3年が経った頃には、
変わりにβエンドルフィン、
セロトニンなどの安心感、穏やかや安らぎ、
落ち着きやリラックスする感覚になるホルモンが脳内に分泌されるようになる。

こうなると夫婦がよく言われる「空気みたいな存在」という状態になる。

 

恋愛の賞味期限は3年と言われており、
3年以内に結婚しないカップルはドキドキ感が失われ、
今の彼氏や彼女に疑問を感じて、
本能、遺伝子的に別れるような仕組みになっている。

 

だから、一生アツアツの夫婦は珍しい存在なんです。

夫婦円満や仲良しの秘訣を探そうとしているうちはまだ大丈夫です。

そのような行動を起こすほどの関心を無くてしまったら、
もう末期、完全に倦怠期です。

結婚は人生最大の分かれ道、
男性にとっては最高の買い物です。

 

婚活をする前に、
あらかじめどのようなことが原因で、
結婚生活がうまくいっていないのかです。

 

その成功例や失敗例を勉強しておくことで、
後悔しない結婚相手の候補を選び出すことができます。

 

結婚は愛や夢、ロマンだけでなく、
お金や職業、経済力や相手の短所や欠点が見える点で非常に現実的なもの、
初めから結婚に期待しすぎないです。

 

「忍耐や我慢が必要なんだな」 と思っておけば、
結婚後の後悔も小さく心理的なショックも最小限に抑えられるでしょう。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ