結婚後の後悔を解決する方法とは!?

婚活マインド

・お金、経済的な問題

 

貧乏ヒマなし、衣食足りて礼節を知るなど、
お金が無いことが原因で不利益をこうむる、
精神的に貧しくなってしまうこと指摘する名言がある。

 

実際、どんなに愛情があっても、
低収入、低年収、低所得や金銭感覚の不一致などが、
原因でケンカが絶えない夫婦は多い。

 

特に最近は不況であり、
30代の働き盛りでも男性の月収は手取り15万円程度、
年収200万円の家庭も 珍しくなくなってきています。

女性の社会進出もある程度拡大してきて、
夫より妻の方が稼ぎの量が多いこともよくある状況になってきました。

 

やっぱり人間、貧しい状態で生活していると、
精神的にも蝕まれ病的になりやすく、
イライラしたり愚痴や不満を言ってしまいがちになる。

 

ただ単に付き合っているだけの恋人であれば、
「お金なんか関係ないさ」 と笑い飛ばせるがいざ実際に結婚したとなると、
現実として重くのしかかる。

「結局世の中金だ」と冷めた結論になってしまうと、
生活もつまらなくなってきて、
結婚を後悔したい気分になってくる。

 

これはある程度のプラス思考や、
ポジティブシンキングで解決できる問題です。

 

人間いつ死ぬかなんてわからないんですか、
一日生きていること、
ご飯を食べられることにだけ感謝していれば、
お金がちょっと足りないぐらいなんてことありません。

命や健康あっての人間です。

 

お金なんて食べる分だけ確保すれば、
その日暮らしでもまったく問題ない。

お金は求め始めたら際限なく欲しくなります。

k@pk
 

生きていることへのありがたみを忘れると、
欲におぼれてしまうでしょう。

 

・結婚したら真面目になってくれると思っていたけど違った

 

これはダメ男にハマってしまった女性に多い結婚後、
後悔してしまう理由のパターン。

 

強引さや根拠の無い自信、
ハッタリなどは男の魅力とも言える部分であり、
女性がついつい惚れ込んでしまう男気のようにも思えます。

 

「一生大事にして守ってあげるよ」なんて聞いていて、
恥ずかしいようなセリフを平然と吐く男性がいます。

女性はこのような少女マンガチックな言葉の雰囲気に、
滅法弱く好きになってします。

 

しかし実際は、無職やニート、
アルバイトやフリーター、
何度も仕事を辞め転職を繰り返している男性など、
経済的、社会的には頼りない男性だったりする。

 

人間心理として、
自分の所有しているものは、
優れたものと信じたがる「所有効果」というものがあります。

一度このようなダメ男を彼氏にしてしまうと、
彼女は強烈にハマりこんでしまう という法則がある。

 

その彼女が考えることは、
「今はダメダメだけど人間的には大好きだし、
結婚したらきっと成長して変わってくれるよね」 という願いです。

 

私の知っている男性に体力以外は、
顔も中身も全てが劣っていると言ってもよいダメ人間がいます。

華奢で細くて年下の可愛いお嬢様育ちの彼女を連れていて、
まさに美女と野獣で非常に面白い関係です。

その彼女も上記とまったく同じような期待を持っていました。

 

結婚前の性質は結婚後も、
大して変わらないと思うというのが私の感想ですが、
女性は自分の彼氏が素晴らしいと信じて疑わない。

 

まさに純情可憐な乙女の純愛、
恋は盲目状態ゆえの判断の誤りに陥ってしまっているのです。

 

そしてパッと目が覚める時が結婚した後というカラクリになっています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ