婚活サイトに掲載する写真の上手な撮り方

 

写真スタジオで撮ってもらうのがベストですが、
費用もかかるので自分で撮影しようと考える人も多いはずです。

 

しかしカメラを手に持って自分撮りするのは、
良い構図で撮れないためおすすめ出来ません。

 

タイマーを使って撮影するか、
友人に撮ってもらうようにしましょう。

 

婚活写真の服装
 

男性の場合はスーツが一番。
有能で頼りになりそうな印象を与えられるので女性受けがいい。

普段着よりスーツの写真の方が、
申し込みをOKしてもらえる確率は確実にアップします。

 

体も顔もちょっと斜めに

真正面を向いた写真はいい構図とはいえません。
顔の左右のバランスが綺麗にとれている人なんていないので、
どうしても不細工な感じに仕上がってしまいます。

立体感や躍動感も乏しい。

顔写真を撮るときは斜めが鉄則です。

カメラに対して体が少し斜めになるように立ち、顔だけ正面に向けます。
真正面ではなく、顔もレンズに対してやや斜めになるように。

左右両方から撮ってみていい方を選びましょう。

 

絶対に笑顔で

 

表情は笑顔が絶対です。
美人に撮れている無愛想な表情の写真より、
多少不恰好でも笑顔で撮った写真の方が申し込みの数は絶対多いです。

会いたい、話をしてみたいと思うのはやはり笑顔の人です。

 

知らない相手なのですから、
不機嫌そうな顔で写っていると警戒心が働いてしまいます。

 

撮影のときは自然な感じで微笑むように。
大口を開けて笑ってはいけません。

自然な感じが大事です。

 

目を大きく見せたいがために目に力が入り過ぎている人がいますが、
作っている感じがして悪い印象を与えます。

 
飾らない自然な笑顔を心がけましょう。

それでいて目が輝やかせるように。

デートで好きな人と会話しているシーンなどを想像しながら撮ったりすると、
恋愛モードの生き生きした表情になります。